お客様の声 コミュニケーション研修 プログラム 新入社員研修 ACTCISE

新入社員研修(6時間:基本行動と電話応対・名刺交換)

更新日:

 社員は300名を超えグローバル化が進む元気な企業の新入社員研修を担当させていただきました。

工場内は綺麗に整理整頓され、多くの方が見学に来られる素晴らしい工場でした。

工場作業を行う人、PCで工場、事務所内を管理する人、事務作業を行う人6名で行いました。

毎年、社内で研修を行われており今回初めて外部講師に依頼されたそうです。

新人4名、中途採用者2名のため、基本行動トレーニングと外回りの方のための名刺交換、事務所内担当者のための電話応対を組み入れた内容でした。

 

【 研修が始まった時の研修生の様子は 】

声が小さく、返事の習慣がありませんでした。
行動が遅く、ダラダラ行動していました。
椅子に座るとすぐに背もたれを使い、足を投げ出していました。

表情が暗く笑顔がありませんでした。
真面目に積極的に取り組む人と消極的な人との差がありました。
一生懸命に取り組むことが恥ずかしく、失敗を照れ笑いでごまかす人が目立ちました。
口を開ける習慣がなく語尾がはっきりしませんでした。

「です」ではなく「~ッす」と癖がある人がいました。

 

新入社員研修スケジュール(6時間トレーニングコース)

9:00

課題発表(目標をもって研修に参加していただくために個人の課題を掲げていただきます)

研修における注意事項

10:00

基本行動トレーニング(素早い行動、大きな返事、元気な挨拶の習得します)

姿勢トレーニング

お辞儀トレーニング

発声トレーニング

返事トレーニング

接客用語トレーニング

言語明瞭化トレーニング

1分間スピーチトレーニング

挨拶トレーニング

11:00

点呼トレーニング

コミュニケーションの重要性(伝える、表現する、理解するを学びます)

プラスストロークとマイナスストローク

表現力トレーニング

理解力トレーニング

12:00

昼    食

13:00

基本行動トレーニング

電話応対トレーニング

14:00

名刺交換トレーニング

職場における対人関係チェック(職場で気持ち良く仕事をしていくうえでの自己チェック)

15:00

私の行動宣言作成 ( 研修を通して行動面で大切にする5点を宣言していただきます)

私の行動宣言提出(身に着けた姿勢、大きな声で一名ずつ取締役に提出していただきます)

16:00 終了

 

研修終了時の研修生の様子

6時間の研修で皆さんの背筋が伸びました。
見違えるような気をつけ、お辞儀を身に着けました。
指示命令にも大きな声で返事をして素早く行動します。

口を大きく開いてはっきり話す連取を繰り返し声も大きくなりました。
キョロキョロしていた視線も相手の目をしっかり見て話しを聴くようになりました。

最後には「これからの自分の行動宣言」を一日研修を見守っていただいた取締役に
研修で身に着けた大きな声で、背筋を伸ばし丁寧なお辞儀、さわやかな笑顔で提出しました。

研修生の大きな成長と素直な取り組み姿勢にこちらが多くの学びをいただきました。

 

研修参加者の感想の声

(※参加者の素直な気持ちを大切にするため文章をそのまま記載しています)

☆私は放送部出身で発声練習の時は大きな声が出せても日常生活では出すことができず、聞き返されることが多いことが悩みでした。今林先生の元気な指導で緊張が解けて大きな声の挨拶の感覚がつかめ最後は自分でも驚くような声で挨拶をしていました。返事やあいさつだけでなく大きな声で報告する練習も行ったので業務にそのまま活かせます。「礼儀」についての多くの学びは実践的でわかりやすいことばかりでした。電話応対の練習で言葉や態度、姿勢全てに意味があり気持ちを込めるということについても深く学ぶことができました。交流分析のストロークのお話がとても面白かったです。今日の研修でやったことすべてが大切なこと、自分たちのためになることだと思います。多くの気付きと自分の成長を感じることができた楽しい一日研修でした。ありがとうございました。

 

☆朝、初めて講師の今林さんを見たらビックリしました。大きな声で本当はうるさいと思いました。でも研修を行っていく中で挨拶の仕方や大きな声を出すことで仲間の印象が変わってくことにビックリしました。研修内容は声が小さかったらやる気のない人だと思われる、初めの印象が大切なことなど役に立つことばかりだったので途中からは真剣に聞きました。声を出していく中で「自分がこれだけの声が出るんだ」と自分でも驚きました。電話応対について授業がありました。実際に何度も応対をしたことがありますが機械的に行っていると反省しました。今後は一言一言に会社の代表として気持ちを込めて行います。今回の研修は座学だけの研修より実際にやってみることが多く、はじめは「簡単」に思っていましたが、やってみると難しかったです。人の前でやってみることと、お互いに注意・指摘をすることの練習も行ったため、みんなで良くしていこうと考えることができました。

 

☆私は大きな声を出すのが苦手で最初はやりたくなかったのですが、今林先生の「自分の良いところに気付こう」「今の自分の乗り越えよう」「勇気を出して一歩踏み出そう」という言葉に押され大きな声を出すことができ、自分から行動することに自信がついてきました。ただひたすら声を出すんじゃなくて、挨拶や姿勢などを「相手に気持ち良く受け取っていただける言動、行動、態度」を大事にする基本的なことを一から丁寧に今林先生が教えてくれました。今林先生は朝から6時間あんな大きな声を出し続けて、よく声がつぶれないなと思いました。自分は後半はあまり声が出なくなりましたがあっという間の6時間でした。

 

☆(中途入社二年目社員)本日名刺交換が勉強になりました。前職から名刺交換をする仕事をしていましたが、今回の研修でいろんな細やかな動作が抜けていることに気付かされました。渡す準備、相手との距離間など大変ためになることばかりでした。新人社員の方と一緒に研修に参加することで初々しく初心に帰ることの大切さを気付かされました。工場長に「私の行動宣言」を提出、報告することで気が引き締まりました。

 

☆(中途採用者)今回の研修では普段の挨拶をすれば大丈夫だと思っていましたが、実際に今林先生の挨拶を聞くとハキハキと大きな声で驚きました。改めて自分の声が小さいなと感じました。挨拶や返事一つで相手の印象が変わるので本日身に着けたことを職場で実践します。ストロークの講義や表現力訓練は相手に伝えることの大切さ、むずかしさを体験しました。相手の目をしっかりと見て表情や態度を大切にします。名刺交換は何度も経験してきましたが「これまでの名刺交換は大丈夫だったかな?」と反省することが多々ありました。このようなことを教えていただける研修があるとためになります。

 

☆「礼儀」についてこうやって習う機会はほとんどないと思うので新人の時にたくさん学べてよかったです。最初は全員声が出ていなかったけれど、誰もがだんだん声が大きくなっていくのがわかりました。大きな声を出し喉が痛いのとお辞儀の練習で腰が痛くなりました。機械の中で危険なこともある工場作業では大きな声と機敏な行動は欠かせません。のども身体も鍛えなければいけないと思いました。挨拶や、返事、態度をしっかりやっていけば会社ももっと明るくなって活気がつきもっと大きくなると思いました。そいういうちょっとしたことを一つ一つ会社でやっていけばいいと思いました。

 

The following two tabs change content below.
今林竜次

今林竜次

1967年福岡生まれ/蟹座A型/特徴:モミアゲ。2007年、講師として独立。サブフォーを目指すマラソン初心者/登山/サイクリング/シーカヤック/キャンプ/アウトドア人間。中学校のおやじの会会長、PTA会長。2016年福岡市おやじサミット実行委員長。人とワイワイ過ごすのが大好きな地域密着型おやじ。

-お客様の声, コミュニケーション研修, プログラム, 新入社員研修, ACTCISE

Copyright© アクトサイズ!今林竜次のパワフル研修で職場を明るく元気に! , 2018 All Rights Reserved.