地域活動・ボランティア

被災地宮城県のホタテキャンドルのご紹介

更新日:

宮城県南三陸町「ホタテキャンドル」工房

昨日、FBのお友達井上憲一郎さん(井上総合印刷株式会社 代表取締役)が、完全ボランティアでチラシ印刷の応援をされている宮城県南三陸町の「ホタテキャンドル」の工房を訪ねました。

ホタテキャンドルは、東日本大震災で壊滅的な被害を受け、家や仕事を失った女性達が、津波に流されずに残ったホタテ貝を使う手作りのキャンドルです。

震災復興のために販売され、売り上げは全て被災された浜の女性達の収入となります。
(興味を持っていただいた方はホタテキャンドルFBページをご覧下さい。)

今更ながらですが、被災の現場に足を運び、実際に目にした津波被害の大きさに声がでませんでした。

車で走っても走っても続く津波に流され更地のようになった住宅街、残っている大きな建物も変わり果てた姿のまま。

瓦礫の山にも唖然とするばかりでした。

そんな私を笑顔で迎えてくださった三浦弘子さん。

皆さんの思いが詰まったホタテキャンドルは、家族や仲間たちに最高のプレゼントになりそうです。

いきなりの訪問にも関わらず、丁寧にご説明いただきワカメのお土産と元気を沢山いただきました。

本業の水産加工業も回復の兆しが出てきたそうです(^。^)

2日前には歌手の綾戸智恵さんが取材で来られ、9月20日(時間未定)にBSで放送されるそうです。

下の写真は帰り道にあった町からの支援のお礼。

カラフルに下がっているのは千羽鶴。

あちこちにこのようなお礼があり、ありきたりですが、こちらが勇気づけられるばかりでした。

今回の貴重な体験は井上さんのおかげです。

今林のいきなりの思いつき行動♪( ´θ`)ノにも、忙しい中快く対応いただいた井上さん。

南三陸町歌津地区の皆さんにも、感謝感謝感謝です。

 

The following two tabs change content below.
今林竜次

今林竜次

1967年福岡生まれ/蟹座A型/特徴:モミアゲ。2007年、講師として独立。サブフォーを目指すマラソン初心者/登山/サイクリング/シーカヤック/キャンプ/アウトドア人間。中学校のおやじの会会長、PTA会長。2016年福岡市おやじサミット実行委員長。人とワイワイ過ごすのが大好きな地域密着型おやじ。

-地域活動・ボランティア

Copyright© アクトサイズ!今林竜次のパワフル研修で職場を明るく元気に! , 2018 All Rights Reserved.