地域活動・ボランティア 神社仏閣・御朱印帳

東北も忘れたらいかん!東北芋煮祭

更新日:

東北芋煮祭へ

東日本大震災後に移住してきた方を励まそうとはじまった、東北芋煮祭に行ってきました!

今年で6回目の開催。

福岡市・天神の警固神社。

今年は熊本地震の被災者を応援するため、熊本の郷土料理のだご汁も加え計1300食分を販売されました。

会場では、福島、山形、宮城3県の芋煮のほか、岩手のせんべい汁、秋田のきりたんぽ鍋を準備。

だご汁を含めて全て1杯300円で販売。

 

芋煮祭

芋煮祭は東日本大震災が起きた2011年に福島県出身で福岡市西区の嶋田さんが提案し、芋煮会として開いたのが始まり。

翌年、民間企業の後押しがあり、第1回芋煮祭を企画。

福岡県内の東北各県人会などの主催で恒例行事になりました。

「芋煮会」とは東北地方の秋の風物詩で、主に屋外で行われる。

野菜や肉と一緒に大鍋でサトイモを煮込み、家族や親戚、友人など大人数で鍋を囲む。

福岡市の芋煮会でも回を重ねる中で、被災地からの移住者と支援者の新たな交流が生まれた。

だご汁の提供も、芋煮を通じて知り合った熊本在住の農家などの発案。

福島と宮城の芋煮いただきました。

美味かったです!

会場ボランティアを務めるおやじの会の先輩方と乾杯!

 

The following two tabs change content below.
今林竜次

今林竜次

1967年福岡生まれ/蟹座A型/特徴:モミアゲ。2007年、講師として独立。サブフォーを目指すマラソン初心者/登山/サイクリング/シーカヤック/キャンプ/アウトドア人間。中学校のおやじの会会長、PTA会長。2016年福岡市おやじサミット実行委員長。人とワイワイ過ごすのが大好きな地域密着型おやじ。

初めての方はこちらをご覧ください

1

ホームページを更新型にして1年が経ちました。   仕事内容・研修内容・指導方法が全く伝わっていなかった! 1年前に新たにこのホームページを作成しました。 それまでは全く仕事の内容や研修につい ...

-地域活動・ボランティア, 神社仏閣・御朱印帳

Copyright© アクトサイズ!今林竜次のパワフル研修で職場を明るく元気に! , 2018 All Rights Reserved.