マラソン・サイクリング

北九州マラソンなんとか二年連続サブフォー!

更新日:

昨年はじめて4時間切を達成した北九州マラソン!


先日、昨年に続いて2回目の北九州マラソンに

挑戦してきました!

2015年「福岡マラソン」に当選してから

走り始めました。

その時に耳にした「サブフォー」

これはフルマラソン42.195kmを

4時間以内で走ることをいい、ここまでくれば

市民ランナーの上位20%に入るそうです。

 

走り始めるに当たり「サブフォー達成」を目標にしました。

 

2015年 福岡マラソン2015 4時間32分

2016年 福岡マラソン2016 4時間12分

2017年 福岡マラソン2017 4時間2分

2018年 北九州マラソン2018 3時間53分

 

と昨年、この北九州マラソンで念願の4時間切を果たしました。

 

「サブフォー」という

目標達成とともに練習量が激減していました。

 

完走ではなく完歩の繰り返しだった二年間

マラソンを始めた4年前(2015年)から少しずつ走りはじめ

最初は3km。次は5km。そして8km、10km

と増やしていきました。

 

2015年初マラソンではは25kmで足が攣り

30km地点からは走ることが出来ず歩きっぱなしでした。

完走ではなく「完歩」でした!

若い男性だけではなく、若い女性、

同年代の男性、女性、そして先輩方に

どんどん追い抜かれて行きました。

ゆっくりでも走り続けることの大切さを

痛感しました。

 

ゴール地点近くで応援しながら伴奏してくれる

妻についていけないくらいヨタヨタでした。

足を引きずりながらのゴールでした。

 

2016年は悔しくて毎月100km走っていました。

10kmを週に2~3回走って1年間継続しましたが

レース前までアキレス腱に違和感があり、

走ることに問題はありませんでしたが

35km過ぎて燃料切れ。歩いては走りのラストでした。

またしても完歩でした。完走できませんでした。

 

サブフォー達成までの道のり

毎年、周囲のランナーに引っ張られ

ついつい前半飛ばし過ぎていました。

後半に入り足が止まってしまうことを反省しました。

ここ数年、4時間切を目指し多い時には

毎月100kmをクリアしていました。

 

2017年は練習方法を少し変えてみました。

これまでのように毎日10km走る!という

距離だけにこだわるのではなく

「インターバルラン」を心がけてみました。

 

5分間必死に走って

3分間ジョグ

2分間ウォーキング

の10分間を6サイクル

 

という内容で10kmランと交互に

行いました。

練習量、距離は減りました。

 

その結果

2017年 福岡マラソン

 

歩くことなく初めての完走でした。

「よし今回こそはサブフォー達成か!」

と思いながらも最後のもう一歩が足りず

で4時間2分台!

あと2分!何が足りない!

 

トイレ休憩、給食の食べ過ぎ!改善すれば3~5分は短縮!

妻の一言が全てでした!

「トイレの二回を一回にするだけで1~2分

給食食べる量を減らせば2~3分間単に

短縮できるんじゃない?」

 

福岡マラソンは給食のラインナップも

一つの売りです!

「福岡の名物」を食べてほしい!

 

それに必死に応えていました!

マラソンに出場するからには

食べれるものは全て食べ

飲めるものは全て飲む

 

水分補給は最も大切ですが

振り返ってみると

給水場所では水分を取り過ぎていました。

給食場所ではは必ず立ち止まり

うどん、饅頭、チョコ、バナナ、オレンジ

梅干し、塩、クッキー、梨や飴…。

確かにじっくり味わっていました。

 

2018年の北九州マラソンでは

「水分を取り過ぎずトイレは1回のみ

給食はバナナ、塩分補給など最低限にする!

立ち止まらず走りながら数回のみ!」

と掲げました!

 

その結果

2018年北九州マラソンで3時間53分台でサブフォー達成!

 

2018年サブフォー達成!そして2019年

昨年の北九州マラソンでサブフォー達成後

最初に書いたように目標達成でやや燃え尽き症候群でした。

 

北九州マラソン2019当選後も

「近づいたら少しずつ走ろう!」などと考えながら

昨年末から今年に入っても月に走った距離は

せいぜい20~30km。

 

 

今回からはタイムを目指すランは止めようと

「ファンラン宣言」をしたのですが

スタートの号砲を聴いた瞬間に

スイッチが入ってしまいました。

 

心もモミアガッてしまいました!

「今回は速いかも!」

いつものように勘違いしました。

最初に飛ばし過ぎました。

 

そして全ての給食をいただきながら

トイレに二回も行ってしまいました。

ロスタイムも多かった。

 

後半どんどんペースが下がり、

25km地点から

両足のアキレス腱が「攣る~攣る~!」

 

 

攣りそうな足を何とかごまかしごまかし走って

ラスト5kmの長いこと長いこと!

足が進まない。重い。

 

心が折れそうになり、足が止まりそうになること数回。

苦しいレースとなりました。

何とかゴールにたどり着きました。

 

グロスタイム

(スタート号砲鳴ってからのゴールタイム)

4時間1分52秒

ネットタイム

(自分がスタートしてからのゴールタイム)

3時間59分54秒

 

何とか何とか4時間切できました。

練習の積み重ねの大切さを痛感しました!

また鍛え直します!!

 

The following two tabs change content below.
今林竜次

今林竜次

1967年福岡生まれ/蟹座A型/特徴:モミアゲ。2007年、講師として独立。サブフォーを目指すマラソン初心者/登山/サイクリング/シーカヤック/キャンプ/アウトドア人間。中学校のおやじの会会長、PTA会長。2016年福岡市おやじサミット実行委員長。人とワイワイ過ごすのが大好きな地域密着型おやじ。

初めての方はこちらをご覧ください

1

ホームページを更新型にして1年が経ちました。   仕事内容・研修内容・指導方法が全く伝わっていなかった! 1年前に新たにこのホームページを作成しました。 それまでは全く仕事の内容や研修につい ...

-マラソン・サイクリング

Copyright© アクトサイズ!今林竜次のパワフル研修で職場を明るく元気に! , 2019 All Rights Reserved.