お客様の声 管理職者研修

次期リーダー指導力アップ研修参加者の感想~その2~

投稿日:

研修に対する目標設定、リーダーとしての課題を掲げてから研修開始!

様々な職場から集まった次期リーダーたち

 

研修の最初に、これからリーダーとなる時に

自分の課題となることを

行動面で1点掲げていただきました。

 

自分を見つめ直し仲間と助け合い声を掛け合い

全身で指導力、リーダーシップ、チームワーク

など多くのを体験と学びの研修二日間。

 

研修後の参加者の素直な感想です。

ご本人の気持ちをお伝えしたく原文そのままで記載してあります。

心地良い緊張の中で「伝える」ことの大切さを学ぶ

私の課題は「お礼の言葉や挨拶をはっきりと相手に伝わるように言うこと」です。この研修の最初に決めた私の課題はこの研修を通して身に着けたいと思ったことです。最初にこの研修の話を頂いた時は入社して1年も満たない私に参加させていただけるとは思わずとても驚きました。正直とても悩み迷いました。「研修に行きたくない・めんどくさい」と言うことではなく、他のリーダーの方々やキャリアの長い先輩の「邪魔をするんじゃないか」「足を引っ張るんじゃないか」と思っていました。しかし私に声をかけてくださった上司の方々のお気持ちを無駄にはしたくないと思いせっかくのお話だったので参加することを決意いたしました。入社1年目を過ぎた頃からめまぐるしくいろんなことをさせていただきました。私も社員であると言う自覚が以前よりも大きくなっていました。そこでこの研修は少しでも自分に良いものを吸収し持ち帰りたいと言う思いで参加しました。今回はおそらく私が最年少になると思っていたので他の方よりも声を出してフレッシュに研修に取り組みたいという思いがそこにありました。ホテルに向かう時も少し不安や嫌だなぁと思う気持ちがありました。同じ職場の先輩方とご一緒させていただくと言うこともあり緊張する部分もありました。私が朝礼を担当するようになったのは2ヶ月ほど前からで人前ではまだうまくしゃべれているとは言えません。どのようにしたら自分が伝えたいことを相手に伝えられるか、どれだけ相手の目線に立って言葉をかけられるか。帰ってからの課題が見つかりました。教えていただいた伝えるコツを見直して日々伝える話し方を意識して行動に移します。

たった二日間の研修でここまで仲良くなれるとは!

身体を使って学び多くの気付きがある「次期リーダー研修」でしたがラジオ体操はとても印象的でした。高校時代私が通っていた学校は体育祭で行うラジオ体操をとても厳しく鍛えられていました。その時の仲間と頑張っていた思い出が頭に浮かんできました。たくさんの人と協力し汗を流して心も身体も職場も盛りあげると言う事はとても気持ち良いことですね。誰かと一緒になって1つのことを達成する喜びをしっかりと味わいました。今林竜次先生は素晴らしいご指導でした。最後まで研修生の誰よりも声を出しており頭が下がる思いでいっぱいです。今林先生を見ているとこちらもやる気が出てきて頑張ろうと言う気持ちになりました。少しでも場の雰囲気を和ませるために笑顔も絶やさずにいてくださいました。おかげでこちらもやりやすかったです。夕食の場でも他の職場の方々の仕事の話や取り組みなども聞けて情報交換の場にもなりました。たった二日間しか一緒にいなかったのにここまで仲良くなれたのは皆さんの人柄がよく、研修の中でコミュニケーショントレーニングをはじめ話をしやすい環境を作って下さった講師の方や事務局の方々のおかげです。皆さんがいなければ私たちはこんなに団結していなかったと思います。最後になりましたが大変良い体験なりました。今回の「次期リーダー研修」参加という貴重な経験を無駄にしないように明日からの職場で活かしていきます。

 

基本を見つめなおし初心に帰った20年選手

私の課題は「大きな声を出す」でした。自分では声が出ていると思っていましたが、何度もやり直しさせられて改めて自分が思っている以上に声が出ていなくて歯がゆさ悔しさが込み上げるとともに挑戦を繰り返す中で自分の心の中で何か吹っ切れたものがあり声を出すようになりました。また周りの他の職場の若い人たちの頑張りを見て大変刺激を受け、自分も負けていられないと言う思いが心を動かし「負けられない」という気持ちで夢中になって取り組んでいると先生たちに褒めていただくまでになりました。私は勤続20年近くになりますがこの「次期リーダー研修」に参加させていただき声かけの練習・体操の基本を学び体験していく上で入社した時のようにフレッシュな気持ちになり初心に戻ることができました。そして私は周りの人たちに支えられて日々過ごしていることにも気づかされ、人に対して感謝の気持ちを声を出し相手に伝えて明るく元気な家庭や職場になるよう率先して行動していきます。今回研修に参加させていただきありがとうございました。初心に戻った気持ちと感謝の気持ちを忘れず大事にして今日から再スタートです。よろしくお願いします。

 

職場の雰囲気改善はクレーム削減への近道

私の課題は「素早く行動すること」です。研修前の私は心身ともにだらしがなく怠慢していたと思います。現場でも周りのメンバーの意見に耳を傾けることもなく自分の考えだけで行動していました。今回の「次期リーダー研修」では多くのことを見直しあらためて学びました。大きな声での挨拶、人との触れ合い、人に感謝することなど以前の自分には無かったことです。今日学んだことを自分の職場に持ち帰り同じ職場のメンバーだけでなく職場全体の従業員の人に伝えたいと思います。そしてグループでもこの職場が一番すばらしい!一番よくなった!一番良い職場だな!と思われるような職場を目指していきます。また作業現場の雰囲気を良くし皆が働きやすい工場環境作りに励みます。現場の雰囲気が良くなれば、みんなが協力しコミニケーションをとることができクレーム削減にもつながると思います。まずは自分の職場に戻り早速今回の研修で学んだことを伝え、実践します。今回このような刺激ある機会をいただきありがとうございました。

 

一体感が生まれ達成感を味わったリーダー研修

私の課題は「感謝の気持ちを相手の目を見てありがとうと伝えること」です。感謝の気持ちを伝えると課題にした理由は今まで私が家族に普段あまり感謝の気持ちを伝えていないと思ったからです。研修では他の工場の方々といろいろな話をすることができ最初はお互いに面識もなくどこか人ごとのように思っていた人々の集まりが、研修が進み一緒に声を出しコミュニケーションや指導のトレーニングを行うにつれどんどん一体感が生まれてきました。ラジオ体操で声や動きを仲間と合わせることにここまで真剣に取り組んだ事はありませんでした。体はあちこち痛く喉もガラガラになってほんとにきつくて何度もしたくない気持ちになりましたが今回他の職場から参加している人たちが一生懸命やってる姿を見て「自分もやらなければ」と言う気持ちになっていました。研修が終わった時には凄い達成感がありました。研修は終わりましたが、これで「終わり」ではなく「今日からが自分が変わる第一歩」だと思っています。今回このような貴重な機会を作っていただきありがとうございました。この「次期リーダー研修」で学んだことを職場だけではなく家庭の中でも活かしていくようにします。

 

リーダーを体験することで周りへの感謝の気持ちが芽生えた

今回の「次期リーダー研修」を通して数多くのことを学ぶことができました。私の課題は「明るく大きな声で話すこと」です。そのためには明るく元気に先手挨拶を心がけていきます。コミニケーションの第一歩は挨拶で始まると教わり人とのつながりを改めて考える良い機会となりました。私は入社した当時と比べて明らかに声を張ることがなくなっていました。挨拶をしたりしなかったりが多くなっていました。これから私が先頭に立ち職場の雰囲気が良くなる挨拶を行います。研修をを通して人に伝えることの大切さが良くわかりました。伝えたと思っていたことが、相手には少し違ってとられていました。自分の見ているものと相手が見ているものは同じものでも見る方向が違うと見えるもの違う。このことを頭の中に入れて仕事にも活かしていこうと思います。自分の意見を持って話すのも大切ですが一歩下がって相手の意見をいちど聞き、目線を同じにして考えることにします。今回はいきなり研修会参加を聞き、戸惑いや緊張もしましたがたくさんの体験ができてよかったです。周りの助けもあり班長など今では避けてきたこともできました。研修で身に付けたことや教わった知識を生かして仕事に励みます。「次期リーダー研修」に参加させてくださった工場長・マネージャーはじめたくさんの方々に感謝いたします。ありがとうございました。

不安でしたが笑顔いっぱいの研修と素敵な仲間

私の課題は「大きな声で笑顔で挨拶すること」です。今回初めての「時期リーダー研修」と言うことで不安な気持ちでいっぱいでした。しかし自分が想像していたよりも講師の先生も他の工場の研修生含め笑顔で明るく素敵な人たちばかりでした。役割分担で班長と言う大役を任せられ失敗することもありましたが、頼もしい仲間たちの応援と今林先生がわかりやすく丁寧にご指導してくださったおかげで最後までやり遂げることができました。この「次期リーダー研修」で学んだことを職場で生かして自分のスキルアップにつなげ業務を遂行していきます。今回「時期リーダー研修会」の機会を作って下さり有り難うございました。

研修で出会ったリーダーと切磋琢磨しプラスストロークを実践

私の課題は「人の目を見てプラスストロークとなる挨拶を行うこと」です。今林先生の言葉を借りて課題にしたのですが、今まで会社での自分の挨拶を振り返るととっても雑であったことを痛感させられたからです。立ち止まり目を見て言葉を交わすことで伝えたいことが伝わり、逆に挨拶が雑であることで伝えたいことが伝わらないどころかマイナスの印象を与えてしまい関係が悪化することもあると実感したからです。人の目を見てプラスストロークとなる言葉、態度、行動を実践・継続することが大切と考えます。忙しいからなど自分に都合の良い言葉で逃げずに必ず実践し継続していきます。また相手を傷つけるマイナスストロークと言われる行動・言葉についても時には必要な場面があります。相手のためを思って叱る時や励ます時です。時と場合に応じて相手への配慮ができるようなリーダーとなります。このたびは貴重な機会をいただき本当にありがとうございました。今回の研修で出会えた他の管理者・次期リーダーと一緒に成長し情報交換を行いながらお互いの職場を盛り上げていけるように日々努力して参ります。社長はじめ研修に送り出していただいた上司の皆さん、研修に関わっていただいた皆さんに感謝いたします。

 

 

 

The following two tabs change content below.
今林竜次

今林竜次

1967年福岡生まれ/蟹座A型/特徴:モミアゲ。2007年、講師として独立。サブフォーを目指すマラソン初心者/登山/サイクリング/シーカヤック/キャンプ/アウトドア人間。中学校のおやじの会会長、PTA会長。2016年福岡市おやじサミット実行委員長。人とワイワイ過ごすのが大好きな地域密着型おやじ。

初めての方はこちらをご覧ください

1

ホームページを更新型にして1年が経ちました。   仕事内容・研修内容・指導方法が全く伝わっていなかった! 1年前に新たにこのホームページを作成しました。 それまでは全く仕事の内容や研修につい ...

-お客様の声, 管理職者研修

Copyright© アクトサイズ!今林竜次のパワフル研修で職場を明るく元気に! , 2019 All Rights Reserved.