感動・感謝・健康・献血活動

感謝の朝礼~企業研修に求められる一体感がそこにはあった!

更新日:

先輩研修講師の方に同行させていただいた「感謝の朝礼」

先日、研修講師の先輩に連れて行っていただき

ある会社を訪問しました。

そこで「感謝の朝礼」という

朝礼に参加させていただきました。

 

5年ほど前にこの先輩講師の方と

出逢いをいただ早朝勉強会でこの「感謝の朝礼」を

実施されている会社の存在を知りました。

 

映像で見せていただいた朝礼はとても元気よく

参加者がノビノビ発言されている印象がありました。

 

「どんな朝礼か実際にこの目で見てみたい」と

興味を持ち、紹介者の方にご案内いただきながらも

タイミングが合わず足を運んでいませんでした。

今回、そのチャンスが巡ってきました。

私が応援している熊本地震の被災地である

西原村の農業ボランティアでお手伝いに行っている

農家さんが、被災で販売先が減り困っているため

心を込めて作った新鮮野菜を「西原村応援セット」と称し

「ご購入のお願い」をSNSで投稿したところ

直ぐに手を挙げ購入いただいた方々の一人が

今回の先輩講師の方でした。

 

 

二週間前に野菜セットを持参し

久しぶりにお話しさせていただきました。

 

購入のお礼の後はお互いの近況報告を行い

研修についての意見交換を行いました。

その時に先輩が独立された時の話になりました。

これから先のことを悩み戸惑っている時に

大きな刺激を受けた会社のお話になりました。

 

 

その会社が「感謝の朝礼」を行う会社だったのです。

「久しぶりに行こうと思うけど、一緒に行く?」

「よろしくお願いします」即答しました!

 

 

朝礼ではスタッフの皆さんがタイトル通りに「感謝を述べます」

 

感謝の対象は人にでも、物にでも、出来ごとにでも

何に対しての感謝でも構わないようです。

昨日の出来事、今朝の出来事なんでも構わないので

「感謝したことを自由に発表します」

 

驚きの連続!非常識と言われるような光景の連続

朝礼が始まりました。

皆さん「おはようございます」と元気に挨拶をされ

ゲストである我々2名にわざわざ

「本日は感謝の朝礼にご参加ありがとうございます」

とご挨拶されてから、ご自身の感謝を述べられました。

 

これまで見学者も大変多かったと伺っていましたが

沢山の方の見学を認め、多くのゲストを迎えられたことがわかります。

ゲストへの挨拶も皆さんが慣れていらっしゃいました。

 

前の方が「今日も感謝の気持ちを忘れず全力で仕事に取り組みます。

よろしくお願いします」と言い終わた瞬間に次の方が

「おはようございます。本日は感謝の朝礼にご参加ありがとうございます。」

と続いていきます。

 

ダラッと間が空くわけでなく、大変心地よい

リズムで挨拶が回っていきます。

 

「看護師さんの丁寧な対応に感謝します」

「今朝の早朝会議での気づきに感謝します」

聞き手の皆さんが頷き笑顔で

「よかった。頑張りましょう!」と

激励の声と大きな拍手です。

 

「幼稚園の運動会の練習を見て、子どもの成長に感謝します」

「会社を創業時より盛り立てている方の仕事ぶりに感謝です」

「話を聴いてくれたAさんに感謝です」

 

聞き手の皆さんは

話し手の方の邪魔にならないトーンで

「うんうん」「わかるわかる~」「ほんとに~」上手に相槌を打ちます。

 

大きな拍手と相槌で共感!ツッコミありの自由な朝礼にビックリ!

「気持ちのアップダウンが激しい、気性の荒い自分にアドバイスをくれたBさんに感謝します」

「ある方からご自身が苦しかったころの話を聴かせていただき勇気をいただきました。Cさんに感謝です」

「昨夜前職の飲食店の仲間で飲み会をしました。愚痴を言いあうのではなく前向きな仲間に感謝です」

と皆さんが次々に身の回りのことに感謝していきます。

 

中には

「洗濯ものがたまってしまい、洗っても前の洗濯物がたまって、収納できずに…困ってます」

と「感謝」ではなく「悩み」のお話し。

こんな脱線する内容にも、女性の先輩たちが

「ハンガーに下げたままの収納がいいわよ」

「たたむという行為をしない選択もあり」

「それだったらこうしたらいいわよ」

と次々声があがり、その場で彼女の問題は解決!

発表者は「スッキリしました。ありがとうございます。

これで気持ち良く仕事に手中出来ます。

アドバイスいただいた皆さん

聴いていただいた皆さんに感謝です。

今日もよろしくお願いします」

話し始めの少し曇った表情も問題解決してスッキリ!!

「仕事を頑張るぞ~!」と言う表情になっています。

 

また他にも

「今朝早起きをして鳩に餌をやる困ったおじさんに遭遇しました」

と脱線する話に対して

「それはいかんね!」「汚い汚い!」「そこまで言うんかい!」

などツッコミも好きなだけ入ります。

発表者は話としてはまとまっていないのですが

「鳩おじさん」への不満を話し、多くの共感の声に

イライラが解消してスッキリしたようです。

「早起きできたことに感謝です。

皆さんに聞いていただいてスッキリしました。

本日も延期に仕事に取り組みます。よろしくお願いします」

皆さん「ガンバロ~」拍手~!!

 

その日は驚きの連続!しかしスッキリ笑顔連発の光景!

日頃、姿勢やお辞儀、素早い行動を!

「スタッフ皆さんで一緒にトレーニング!」

「元気に明るくはっきり大きな声で~!」

とご指導させていただいている

私熱血モミアゲ講師からすると

朝礼でもスタッフの皆さんの姿勢や話し方、伝え方は

ツッコミどころ満載と言った方ばかりでした。

 

話し手は

手をフラフラさせて

腕を組んで話したり

手遊びや足をぶらぶら

天井を見たり、床を見て話します

「え~、あの~」連発

言葉がハッキリせず、口が開いていません

 

聞き手も

腕を組んで聴いています。

手を腰に当てて聴いています。

身体をフラフラさせています。

遅れて室内に入ってきても黙って入室

挨拶もせずに朝礼の輪の中に入ります。

 

普段の熱血モミアゲ講師の研修やトレーニングならば…

 これまで私に研修やトレーニングの依頼を

されてきた企業の経営者の方や教育担当者の方なら

上記の「話し手の姿勢」や「聞き手の姿勢」を

身体を相手に向け、相手の目を見て、背筋を伸ばして

と綺麗な姿勢を指導してほしい」と

ご要望が上がっているかもしれません。

 

ところがこちらの会社では

そのような姿勢をスタッフの方に求めていません。

社員の方が「感謝の言葉でスッキリして仕事を始める」

目的で朝礼を行ってあるのです。

 

社内の電話応対がメインの仕事であるため

お客様や取引先と顔を合わすこともなく

電話応対を気持ち良く行って

社員同士が仲良く楽しく働く!

 

これが会長が長年時間をかけて

作られてきたこの会社のオリジナルの朝礼でした。

素晴らしかった!

 

朝礼を全員に強制してるわけではなく

参加したい人が参加すればよい!

というスタンス。

 

こちらの会社では「朝礼の形」が出来上がっていました。

どの会社でも皆さんが気持ち良く仕事がスタートできることが一番です。

「こうあらねばならない!」と言う決まりもありません!

今回の「感謝の朝礼」参加は

私の中で大きなショックでした。

良い意味でのショックでした!

 

そして再確認ができました。

これまで朝礼のご指導を依頼されても

朝礼の進め方の一例は示しますが

「こうあらねばならぬ」とは一言も言いません。

 

常に社内の進め方をお伺いして

進行の中で気付いたことをお伝えします。

 

皆さんの声の出し方

全体に向けた話し方

話し手の目線、姿勢、

話の聴き方や姿勢、目線

おじぎの仕方、タイミング

etc....

 

それでよかった!と再確認できました。

 

社員の皆さんが気持ち良く

朝の仕事をスタートできることが

よいのであって

 

正しい朝礼の形は

「その会社の中に正解がある!」

 

いろんな会社の朝礼に出たくなってきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

The following two tabs change content below.
今林竜次

今林竜次

1967年福岡生まれ/蟹座A型/特徴:モミアゲ。2007年、講師として独立。サブフォーを目指すマラソン初心者/登山/サイクリング/シーカヤック/キャンプ/アウトドア人間。中学校のおやじの会会長、PTA会長。2016年福岡市おやじサミット実行委員長。人とワイワイ過ごすのが大好きな地域密着型おやじ。

初めての方はこちらをご覧ください

1

ホームページを更新型にして1年が経ちました。   仕事内容・研修内容・指導方法が全く伝わっていなかった! 1年前に新たにこのホームページを作成しました。 それまでは全く仕事の内容や研修につい ...

-感動・感謝・健康・献血活動

Copyright© アクトサイズ!今林竜次のパワフル研修で職場を明るく元気に! , 2018 All Rights Reserved.