コミュニケーション研修 愛犬パッチのひとりごと

畑仕事に学ぶ自分磨き②~交流分析の自我状態「優しい心」を上げるための野菜作りに挑戦!~

投稿日:

ゴールデンウィークにスタートした庭を使った畑仕事

昨年から土の改良を行い、

堆肥や石灰を混ぜ込み耕す事3回

4月末から5月上旬

ゴールデンウィークの真っただ中で

野菜の苗を植えました。

 

妻の両親が花屋さんを営んでいるため

花市場で毎年野菜の苗を購入しています。

夏野菜の苗をお願いしたところ

 

ピーマンの苗5本

キュウリの苗10本

ミニトマトの苗10本

いただきました。

 

いろいろな種類の夏野菜を植えたいと思っていたので

余った苗はご近所の皆さんに分けようと思っていました。

気になる夏野菜の苗を購入し、イメージして配置してみる

更に近くの大きな園芸場に行き、気になる苗を購入

トマトの苗を2本

フルーティな味と言われるミニトマト3種類

茄子3種類  4本

オクラ    2本

アスパラ   2本

枝豆     4本

空芯采(エンサイ) 種まき

 

どのように植えるか

並べるかポットに入れた状態で

配置してイメージしてみました。

 

昨年お試しで行った

ミニトマトの苗植えでは

驚くほどに成長し

生い茂ってしまいました。

 

今回の畑のように整備整地せずに

ミカンの木の近くに強引に植えこんだため

柵やミカンの木に絡まり

見た目にも美しいと言える

風景ではありませんでした。

限られたスペースの中で苗を整列させる!新入社員研修の集合・解散トレーニングを行っているようです。

今回はその反省を活かし

スムーズに収穫できるように

畝を作りました。

苗を植える間隔も

余裕を持って植えました。

 

いや、本当のところは少しでも

多くの夏野菜を植えるために

少し狭めました。

 

全ての苗をイメージ配置してみる

苗を集合させ

バランスを考え

ああでもない

こうでもない

 

集めて広げて

もう一度集めて

新入社員研修や

意識改革研修

行動力アップ研修で

行う俊敏な動きを養い

チームワーク強化に

ピッタリのトレーニング

「集合解散トレーニング」のように

苗たちの集合と並べ替え(解散)を繰り返しました。

 

その繰り返しの結果

苗の数が多く

全部を植えようとすると

「畑の広さが足りん!!」

となりました。

第2農場はキュウリの苗をごっそり植えました。

そこで急遽庭の空きスペースを利用して

第2農場、第3農場、第4農場と強引に

作ることにしました。

 

 

第2農場

と言っても息子の部屋の下の狭いスペース。

ここはパッチの休憩スペースでした。

夏場熱くなってくると

土を掘り堀りして上手に寝床を作っていました。

 

冷たい土でお腹を中心に冷やす

パッチのお気に入りの場所の一つでした。

 

「パッチごめん」

ここにはキュウリの苗の残り6本を全部

植えました。

残っていた6本の苗は2,3日間放っておいたら

シュンとなって枯れてしまいそうでした。

 

慌ててこの場所に植え、

たくさんの水を与えると

 

沢山堆肥や石灰を投入して耕した第1農場よりも

イキイキしてグングン葉も成長してきました。

 

大切な休憩スペースを奪われたパッチはご機嫌斜め?

第3農場にはミニトマトをごっそり植えました。

第3農場は家の裏側、狭い通り道にお隣さんと

境い目になるブロック塀の狭いスペース

ここには残った6本のミニトマトを植えました。

この場所はお昼にはしっかりとお日様が当たり

間隔もゆっくりあけて苗を植えたため

これまた第1農場よりも元気にノビノビ育つ

ミニトマト君たちでした。

 

このスペースには元々あった柵に

使わなくなった柵をたてかけているため

ミニトマトたちが二つの柵の間に入って

上手に成長していきます。

 

毎日程よい日光のシャワーと柵に挟まれ

あっという間に実がなり始めました。

6本共にあちこちで美しい緑の

鈴なりミニトマトの

共演が始まりました。

 

この第3農場のスペースは普段パッチが

怪しい人が見えた時に走ってきてワンワン吠えるか

我慢できない時にこっそりオシッコをしにくるくらいで

草むしりの時以外は家族はほとんど通りません。

 

日当たりを有効に活かし、上手に畑スペースに使えそうです。

来年は他の夏野菜もチャレンジしてみようと思います。

第4農場には中国野菜で栄養満点!といわれる空芯菜の種を植えました。

第3農場にミニトマトの苗を

ずらりと並べた後

ふと気づいた30センチ×50センチくらいの

地小さな長方形スペース

クローバーがぎっしりと生えていました。

「クローバーさんゴメンナサイ」と

チョイチョイと抜くと

程よい畑になりそうです。

 

ここには食育を指導されている先輩の

おすすめの野菜を植えました。

空芯菜(くうしんさい)という中国野菜で

あまり聞きなれませんが

食の世界では大変有名でとても栄養価の高い

野菜だそうです。

別名がいろいろあるようです。

今回は「エンサイ」という名前で近くのスーパーで購入。

 

「どんな野菜なのか?」先輩がおススメいただいた

有名な先生の記事やネットで調べ見てみると

 

空芯菜は味にくせがなく

キャベツの代わりに様々な料理に使える

特に味噌汁によいそうですが

一番のお勧めは、朝どり空芯菜の青汁スムージーだとか。

 

βカロチン(ビタミンA)が多く、この栄養素は

抗発ガン作用や免疫賦活作用、視力維持、

粘膜や皮膚の健康維持に効果があります。

ビタミンCも豊富で、βカロチンと共に

活性酸素を減らし老化防止に役立ちます。

 

汗と共に失われるのに、加工食品を食べても

著しく欠乏しているカリウムを始め

ビタミンB1,B2などを沢山含み、

夏の健康維持には最適です。

 

カルシウムが多く、

さらに骨の生成に欠かせないマグネシウムや

カルシウムを骨に定着させるビタミンKも多い。

鉄分と葉酸を多く含み

貧血や妊娠中の人には特にお勧めだそうです。

 

なんか調べているだけで元気になってきました。

 

下の写真は、2週間ほどして

やっとこさ顔を出し始めた

空芯菜の芽たち。

 

初めて見る野菜であり、芽もどんな形なのか

知らないため

雑草と間違えて引っこ抜くとこでした。

少しずつ成長し始めた畑の野菜にウキウキ「優しい心」を成長させる毎日

畑を耕し、堆肥、石灰などを投入している時は

「これは大変なことを始めてしまった。」

「狭いスペースでも畑仕事はハードだ!」と

考えていましたが

 

いざ、野菜が成長し始めると

芽が生えてくるのが嬉しい!

少しずつ成長する苗が愛しい!

小さな実がなり花がなることにウキウキしています。

スンゴイ優しい気分になってきました。

 

まさしく最初に畑で野菜作りをしようと考えた

交流分析の中での自我状態の「親の心」の

一つの役割「優しい心」を高める狙い通りです。

家にいる時は毎朝、パッチとの散歩トレーニングの後に

野菜と語り合い「優しい気持ち」を高めていきます。

 

今年の夏は夏野菜に囲まれ

沢山の栄養をいただき

イキイキとした緑に癒される日に

なりますように~!!

 

The following two tabs change content below.
今林竜次

今林竜次

1967年福岡生まれ/蟹座A型/特徴:モミアゲ。2007年、講師として独立。サブフォーを目指すマラソン初心者/登山/サイクリング/シーカヤック/キャンプ/アウトドア人間。中学校のおやじの会会長、PTA会長。2016年福岡市おやじサミット実行委員長。人とワイワイ過ごすのが大好きな地域密着型おやじ。

初めての方はこちらをご覧ください

1

ホームページを更新型にして1年が経ちました。   仕事内容・研修内容・指導方法が全く伝わっていなかった! 1年前に新たにこのホームページを作成しました。 それまでは全く仕事の内容や研修につい ...

-コミュニケーション研修, 愛犬パッチのひとりごと

Copyright© アクトサイズ!今林竜次のパワフル研修で職場を明るく元気に! , 2018 All Rights Reserved.