お客様の声 新入社員研修

新入社員研修 参加者の感想(合宿研修)

更新日:

新入社員研修参加者の感想(二日目)

~新入社員研修2018~研修参加者の感想文(二日目)

熱血モミアゲ講師の新入社員研修では

「眠たい研修サヨウナラ!」

身体全身で学びます。

主に基本行動トレーニングを行います。

 

そのうえで自分を見つめ、

講義、グループワークで振り返り

改善点を行動で示せるように全身で身につけます。

 

座学だけの研修とは違い

「知ってます」「わかってます」で終わりません。

最初に

「知ってるけど行動できない」

「わかっているつもりだけど動けていない」

自分に気付いていただきます。

 

そして

「社会人として必要なことだから大切ですね」

ではなく

 

そのままでは 何故 いけないのか?

そのままでは 何故 職場が困るのか?

そのままでは 何故 上司に注意されるのか?

そのままでは 何故 先輩の手を煩わせるのか?

そのままでは 何故 お客様にご迷惑をおかけするのか?

そのままでは 何故 取引先関係会社を任せられないのか?

そのままでは 何故 あなたの素晴らしい個性が活かせないのか?

 

トレーニングをしながらお互いの姿から

感じ、学び合っていただきます。

 

必要なことは考察し、講義し、

グループワークで深めます。

 

身体を使って、お互いの姿から学び、

気づきがあった後の座学は

素直に自分を見つめることが出来、

心に、頭に、体に、全身に染み込みます。

 

 

「頭でっかちな新人」よりも「素直で元気な新人」

自分をもっと好きになり、礼儀マナー、チームワーク、リーダーシップを体験・習得する宿泊研修でスタートダッシュ!

新入社員は「職場で体験することは初めてのことばかり」!

「頭でっかちな新人」よりも「素直で元気な新人」!

 

声を出す

話す

聴く

素早く行動する

足並みをそろえる

周りへの気配り

心配り

声掛け

リーダーとして指導する

協力する、応援するといった

「人としての基本中の基本」

大切さを身に着けます。

 

「仕事ができる新人」以前に

新社会人として上司・先輩に

「仕事を教えていただく準備」

のためのトレーニングです。

 

職場に配属された先でそのまま使える

実践トレーニングを何度も繰り返し

身体で、声で、口で表現「出来る」まで

徹底的な個人指導を行います。

 

新入社員研修で1日研修の場合は

教育担当者の方のご要望に合わせ

優先順を設けてスケジュールを

作成させていただく事になります。

 

長年新入社員研修を

担当させていただいている企業様は

「研修1日」と「合宿研修」の違いを

ご理解いただいているため

1泊2日、または2泊3日の研修を選ばれます。

 

最初は1日研修でしたが、

研修効果と短時間での成長を

感じていただき2日間、3日間と

お時間をいただくようになりました。

 

初日に自分を見つめ、

自分の足りない点や改善すべき点に

気付きながら、なかなか結果が出ない

または改善できない自分と向き合います。

 

積極的な仲間や、失敗しても

前向きに取り組み続ける仲間と

消極的な自分、一生懸命になれない自分は

何が違うのか。

 

どうして一歩踏み出せないのか

どうして勇気を出して行動できないのか

どうして自分の殻に閉じこもってしまうのか

 

一晩、二晩悩み考え

自分と向き合う時間は貴重です。

 

初日からグループ行動を行いますが、

最初は自分のことで精いっぱいです。

「社会人」としての基礎を学びます。

 

初日午後から夜にかけ

チームワークトレーニングを重ねます。

 

二日目にはグループで

問題解決に挑み、声を掛け合い、

助け合い「組織人」としての

チームワークを全身で学びます。

 

また同期全体でまとまり、

絆を深め「企業人」としての

基礎を作ります。

 

二日目の新入社員研修を終えた

研修生の皆さんの研修参加報告書から

抜粋した内容になりますが、

研修生の生の声熱き感想をご覧下さい。

 

他人の喜びを自分のことのように喜ぶ!

厳しい研修の中に人への気遣いを学ぶ!効果的な研修内容!

50名の絆が深まっていることを知る!他人の喜びを自分のことのように喜ぶ!

身体を動かしながら周囲と声や歩調を合わせる難しい取り組みだが、効果的な研修内容!

★個人審査とは違いグループ審査は全員の息を合わせることが大変でした。途中で体調を崩す人がいましたが周りのみんなが声をかけ、駆けつけるのを見て出会って丸一日しかたっていないのに研修生50名全員の絆が深まっているなと感じました。昨日まではどの審査でもみんな嫌だなぁと思いながら取り組んでしましたが達成したときには本人だけでなく、本気で周りの人が自分のことのように喜んでいるのを見て厳しいけども意味がある研修なんだ、いい研修だなと思いました。皆で力を合わせて一つのことに向かって力を合わせ達成した時にはこんなに喜びを分かち合うんだということを知りました。

★自分がリーダーをした時に掛け声や号令を失敗しても周りの仲間は「大丈夫、もう一回いこう」と声をかけてもらいました。今林先生の指導はルールやマナーを守る厳しさはありましたが、研修会場にはお互いがアドバイスや意見を交わし、研修生全員で協力できる雰囲気がありました。順番に回ってくるリーダーの経験は必ず仕事で役に立ちます。今回の研修内容は体験型で職場に行った時にそのまま使える多くの貴重な経験ができました。社会人として厳しさを学ぶ中に、人への優しさ・気遣いの大切さを知ることができ、自分自身そして新入社員みんなのためになりました。本当によかったです。

★新入社員研修二日目は天気も良く、屋外の広場に移動してのトレーニングでした。海に面した景色の良い所での挨拶トレーニングでは思いっきり全力で声を出すと言う機会を得たので私はとても楽しく取り組むことができました。初日に屋内で身につけた発声、お辞儀、接客用語を思う存分大きな声で50名で楽しく行うトレーニング風景は忘れることはありません。研修二日目でみんなのお辞儀が見違えるように綺麗になりました。

★研修二日目はグル―プワークトレーニングにおいては体を動かしながら大きな声を出すと言う難しくも効果的な研修内容になっていました。周りの人と声、息、歩調を合わせるという単純な行動でしたがチームワークが身につき仕事に役立つ内容でした。各グループのリーダーの方々が非常にがんばっていました。リーダーが一生懸命声を出し仲間を引っ張ろうとする姿に仲間が応え、メンバーが一丸となって取り組んでいる様子が伝わってきました。他のグループの合格も自分たちのことのように飛び上がって喜ぶ他のグループメンバーの姿に新入社員同期全体の絆が深くなったように思いました。

 

新入社員研修を乗り越えた自分をほめたい!

朝のラジオ体操の大切さを知る!ハードな研修でしたがチームワーク強化!50名の絆が深まった二日間!

体調不良の仲間の介抱、声掛けに絆を感じた!新入社員研修を乗り越えた自分をほめたい!

 

★ラジオ体操をグループで声を出して練習している時に体調不良でしゃがみこむ人もいましたが、その人のために周囲の人もその人のために一生懸命に動いて介抱したり、声をかけたりと一人一人がお互いを大切に思っているのだと感じました。

★自分を含め学生気分が抜けていない人には非常に厳しいと感じる研修でした。しかし、研修中は「辛い」と度々こぼしていた仲間も新入社員研修修了式ではスッキリとした笑顔で感想を述べていました。背筋が伸びたお互いの姿が眩しく見え、研修を乗り越えた自分をほめたい気持ちでした。

★2日目の朝礼はラジオ体操から始まりました。体が慣れていないためきつい、だるいと甘えた気持ちで取り組んでいましたが全員で大きな声を出して行ったラジオ体操のおかげで心も体もスッキリして良い1日のスタートだと思いました。朝ラジオ体操する意味がわかりました。「朝が弱い、朝は調子が出ない」などお客様を前に言うことはできません。朝一番に気持ちが引き締まりました。

★グループワークトレーニングで私の班はみんなが元気よくやる気がありました。良い雰囲気の中で練習をしていましたが、班長がどうしても掛け声を覚えられず何回もやり直しになってしまいました。みんながだんだん体力もなくなり心に余裕がなくなっていたところ「全て班長任せになっていないか?仲間でリーダーを励ましてお互いにフォローしてますか?」という先生の声に、気持ちが追い込まれ一人で責任を感じ苦しんでいた班長に気づかず自分のことでいっぱいいっぱいになってしまっていたことをすごく反省しました。仕事に入っても同じことと思うので自分がきつい苦しいだけではなく余裕を持って周りを見て気づき、声をかけれるようになることも大切だと感じました。今回の研修はとてもハードでしたが全身でチームワークを学びました。本当にためになり、なるほどと思うことばかりでたくさん吸収して成長したと言う気持ちが強くなりました

★声がしっかり出せる人・足がしっかり上がる人・反対に声を出す事や運動が苦手な人等グループにはいろんな人がいるのでみんなが心を1つに合わせることがとても難しかったです。しかし、少しずつタイミングを合わせたり手拍子をしたりしてコツをつかんでいきました。合格したグループは困っている他のグループの応援をしました。最後は残っているグループにみんなでアドバイスを送ったり、応援したりとグループを超えて研修生50名が一致団結できた気がしました。最後のグループがやっとの思いでクリアできたときには同期全員が飛び上がって喜びました。同期の絆が深まった二日間でした。

 

仲間と力を合わせ大きな達成感を味わった!

姿勢を正し声を出すことの重要性を知る!一生懸命さに加え冷静さを身に着ける!

仲間が認めてくれた「今の自分で良いんだ!」力を合わせ、大きな達成感を味わった!

 

★この研修を通して自分を認めてもらったことが1番驚きました。「研修中に頑張っていた人」に自分の名前を呼んでいただきグループの仲間、そして同期の仲間に認めてもらえた気がして「今の自分で良いんだ」と思い自信がつきました。皆が言ってくれた「笑顔が良い」「積極性があってすごい」と言うことを自分の武器にしてこれから社会人として前向きに取り組んでいきます。

★午後からのグループワークトレーニングではグループで協力し合格するまで何度も何度も挑戦しました。最初はみんなの足が揃わなかったり、声が小さかったりとまとまりがなかったのですが何度も練習していくうちにみんなの足が揃ってきて一人一人が大きな声を出すことで全員の声が一つになりました。力を合わせ、一番に合格できた時にはグループ全員で飛び上がって喜びました。一つの目的に向かって助け合い、仲間と協力して乗り越えた時の喜びは格別でした。大きな達成感を味わうことができました。

★この研修では何よりも大きな声を出すことの大切さを学びました。はじめは大きな声を出すことに慣れておらず、恥ずかしさもありなかなか自分自身の殻を破れずにいましたが熱血指導の今林先生のおかげで姿勢を正すことの重要さ、声を出すことの重要さを学びました。

★グループワークトレーニングではどのグループよりも意見を出し合いました。早く改善すべき点を調整することで5グループの中でも成長のスピード・進歩の具合が一番早いとお褒めの言葉をいただきました。声の大きさも一番だったという自信があります。残念ながら焦りと一番早く合格が出来るかもしれないという思いが強すぎたためか、あと一歩というところで小さなミスが出てグループでは2番目に合格が出ました。これからは最後まで一生懸命に取り組むことは当然として、ある程度の冷静さが仕事の上でも必要だと感じました。

 

個人よりもグループのほうが達成感が大きかった!

限界を決めていた自分を反省!体験型の新入社員研修は体力も必要でしたが大きな達成感がありました!

個人よりもグループのほうが達成感が大きかった!自信があった声はもっと大きな声が出た!

 

★個人審査で合格したことよりもグループトレーニングで仲間と力合わせて合格したときの方が達成感が大きかったです。最初はグループみんなで声と足が合っていなかったのに、練習を重ねだんだんとタイミングが合うようになりみんなで一つのことを成し遂げた瞬間はとても達成感がありました。私はこの二日間で多くのことを学びました。

★スポーツをしていたので声の大きさには自信がありましたが、指導通りに練習すると自分が思っている以上に声が出せるようになりました。勝手に限界を決めていた自分に気付きました。

★新入社員研修2日目は朝礼から始まり、ラジオ体操を行いました。朝が早かったこともあり声を出す気になれなかったのですが、今林先生の大きな声とやる気のおかげでだんだん体が温まってきた気がしました。チームワークトレーニングはきついことがあっても仲間と励ましあい声を掛け合うことで一つ一つの壁を乗り越えることができることと、思いやりの大切さなど多くのことを学ぶことができました。考えが子供だった私にはすごくプラスになった研修でした。

★体を動かすことや記憶する事を中心とした体験型の新入社員研修はとても体力を使いました。それでも最後まで乗り越えられて大きな達成感を味わうことが出来ました。それはみんなで協力したからだと実感しました。新入社員研修を経て一番自分が成長できたと思うのは大きな声を出せるようになったことです。研修一日目はなかなか大きな声で挨拶をすることができませんでした。しかし自分の課題を大きな声で発表する練習を繰り返し、大きく口を開けて声を出すことを習慣化していくと一つ一つの言葉もはっきり聞きとりやすくなり、指示命令にも大きな声で返事することができました。

★初日に個人審査に合格できず、研修終了後の夜になって練習を一生懸命始めました。今朝は朝礼の時に自分から進んで審査を受け、一発で合格をいただきました。お祝いの言葉と共に今林先生が「いつから真剣にやり始めましたか?初日はどれだけ練習しましたか?」とおっしゃいました。私は課題が出てすぐに「私には覚えられない、無理」と逃げ腰の姿勢で取りかかりが遅く、審査に挑戦しようともしませんでした。これから社会人として仕事をする場面では「すべて初めてのことばかり」となるため、そんな気持ちでは務まりません。今すごく後悔しています。今後は配属先で課題をもらった時点ですぐに取り掛かります。

 

積極的に声を掛け合い仲間全員で達成感を味わう!

仲間と切磋琢磨して共に成長した二日間!問題解決に向け円陣を組み団結力が芽生えた!!

盛り上がった真剣勝負のチームワークトレーニング!

積極的に声を掛け合い仲間全員で達成感を味わう!

 

★新入社員研修・フォロー研修そしてこれまでのステップアップ研修は座学中心でスライドを見て、簡単な討論、そして模造紙に書いて発表という私としては人任せで終わってしまう内容でした。しかし今回は違いました。身体を使い、足と声とタイミング、リズムを合わせ誰かが気を抜いたり、手を抜くことで仲間に迷惑をかけてしまうという真剣勝負のチームワークトレーニングはこれまでの研修にはない盛り上がりを見せました。失敗を重ね、次第に声を掛け合い、失敗して落ち込む仲間を励まし、いつの間にか全員が笑顔で額に汗して集中していました。合格した時には他のグループも拍手を送り、同期との仲が深まりました。

★グループワークトレーニングでは最初は恥ずかしい、格好悪いという気持ちが強く誰もが声が出ませんでした。一生懸命に声を出し一人で頑張るリーダー任せになり、全員の心がバラバラでした。リーダーの必死な姿に引っ張られるようにみんなが声を出すようになり、何度失敗しても誰も責めることなく、失敗した人にはプラスストロークの言葉を送り、当人も素直に謝り、笑顔で挑戦し続けました。「次こそ成功しよう」「こうしたらもっと良くなる」など積極的に声をかけ合うようになりました。その結果1番に合格することができました。仲間全員で今まで経験したことのない達成感を味わうことが出来ました。

★自分が個人審査に合格した後はまだ合格できていない仲間の練習のお手伝いをしました。指導の難しさを経験しましたが、応援した同期の仲間たちが審査に合格した時は自分も同じくらいの達成感を味わうことができました。

★初日は口を開ける習慣がなく苦しんだ言語明瞭化トレーニングが、二日目の朝になると口が慣れてきたのか、前日よりも口を大きく動かして発声することができ挨拶の声がスムーズに出てくるように感じました。顎をしっかり動かすことで大きな声で「おはようございます」「ありがとうございました」と言うと自然と表情筋も動き自然に笑顔できました。

★座学で覚えたり、読んだりする研修ではなく身体を使ってのトレーニングは仲間の成長も見えて「負けられない」「あんなに頑張っている」と言う気持ちになり、一人では諦めていたと思うことにも仲間に刺激を受けながら切磋琢磨し共に成長できた二日間でした。

★グループワークトレーニングではコミュニケーションの大切さを痛感しました。楽しく仲良くだけでは合格できないと感じ、班全員の足の動きを揃えること・声を合わせること・タイミングなど意見を出し合い作戦を練り練習をしました。掛け声を間違えたり足が上がっていなかったり、簡単に見えて実際に行ってみると難しく、なかなかグループのみんなと声と足が揃うことができませんでした。しかしそのような状況の時でも一人一人が問題解決に向けどうすれば良いかを考えたり円陣を組み気合を入れたりと団結力が少しずつ芽生えてきました。

 

 

The following two tabs change content below.
今林竜次

今林竜次

1967年福岡生まれ/蟹座A型/特徴:モミアゲ。2007年、講師として独立。サブフォーを目指すマラソン初心者/登山/サイクリング/シーカヤック/キャンプ/アウトドア人間。中学校のおやじの会会長、PTA会長。2016年福岡市おやじサミット実行委員長。人とワイワイ過ごすのが大好きな地域密着型おやじ。

初めての方はこちらをご覧ください

1

ホームページを更新型にして1年が経ちました。   仕事内容・研修内容・指導方法が全く伝わっていなかった! 1年前に新たにこのホームページを作成しました。 それまでは全く仕事の内容や研修につい ...

-お客様の声, 新入社員研修

Copyright© アクトサイズ!今林竜次のパワフル研修で職場を明るく元気に! , 2018 All Rights Reserved.