面接指導日記

高校生の「やる気スイッチ」ONに校長先生もビックリ&大喜び!楽しく笑ってマナー指導と就職面接指導前の実践トレーニング!

投稿日:

高校2年生 前半100名でインターンシップ事前指導!後半は就職面接に向け面接マナ―指導50名!広い会場で今日もノーマイク!

こちらの高等学校はお世話になって4年目になりました。

 

最初は3年生だけでしたが、

2年生のインターンシップ前のトレーニングと

就職活動に向けての第一歩の基本マナーも任せていただくようになりました。

 

今回は2年生100名。

授業の最初の先生との挨拶から

はじめは全く声が出ません!

動きもダラッとしています!

周りを気にして照れ笑い!

 

就職指導の先生から講師紹介をしていただき

モミアゲ講師登場。

自己紹介で「今林竜次です。よろしくお願いいたします」

デカい声での元気な挨拶に会場はビックリ、そして会場に笑い声!

 

学年の中でも元気な男子生徒がモミアゲ講師の真似をして

「よろしくお願いしま~す」悪ふざけ?

ワイワイガヤガヤ学年全体に笑い声がこぼれます。

 

 

すかさず司会の就職指導の先生

「真似しない!」と大きな声と怖い表情で厳しく指導!!

 

すかさずモミアゲ講師も

「真似していいですよ~!ただしそんな小さな声じゃなくてこれくらい大きな声でね!」

満面の笑みで元気な高校生に伝えます。

 

当人は声をかけられると思っていなかったようで

ビックリ、そしてバツの悪そうな顔をしています。

「そんなデカい声で?ヤバい」という顔のような元気な男子生徒!

笑う周りの仲間たち。

 

さらにモミアゲ講師は

「皆さんは彼を笑っていますが、彼のように誰も声を出せない中で自己アピールする姿は素晴らしい!」

「あんな風に自分から進んで声を出したり、仲間を楽しませたりする人、積極的な人はどんな会社もほしがるのではないでしょうか」

当人は褒められビックリ!「え、俺怒られるのではなく褒められるんですか?」という顔で照れています。

 

「反対に自分は周りの目を気にして何もできない、一歩踏み出そうとせず、声を出さずに

一歩前に進もうとした人の失敗を笑う時だけ大きな声を出す人を企業が欲しがるでしょうか?」

笑っていたほぼすべての参加者の表情が固まります。

与えていただいた時間の中で一つでも多くのことを伝えたい!身につけてほしい!常に全力投球!真剣勝負です!

私は常に笑顔です。常に大きな声です。常に全力で話し、全力でトレーニング。

最初から最後まで高校生100人と真剣勝負です!

 

挨拶、発声、お辞儀一回一回すべて全力投球です!

 

生徒の皆さんと同じことを一緒に繰り返します。一緒に汗を流します。

「私はあなたたちと真正面からぶつかりますよ!」という心を全身で伝えます。

 

どんな多い人数でもマイクは使わず、生の声で皆さんに伝えます。

必ず伝わります。

必ずキャッチしてくれます。

 

 

与えていただいた時間は長くはありません。

短い時間で伝えられることはわずか!

お互い全力でこの時間を有効に活かしましょう!

せっかく出逢ったこの時間無駄にはしません!させません!

 

目立っていいよ!

失敗していいよ!

声が裏返っても、間違ってもいいよ!

誰も責めません、怒りません!

 

一つだけ

一生懸命取り組む仲間の姿を笑ったり、

挑戦して失敗した姿を笑う事は許しません!

それだけ!

 

普段、学校の中で私生活で

目立ちたがり屋で騒いでいる人も、

ヤンチャして悪そうしている人も、

人見知りでおとなしい人も

目立つことが嫌いな人も

 

そのままでいんです!(悪さをOKととられては困りますが)

 

ただし、スイッチのONとOFFの切り替えができるようになろう!

 

就職の面接の時、自分をアピールする時は

あなたが主役です!

あなたしかできません!

 

先生も、親も、友達も「変わって」とお願いしても

変わることが出来ません。

 

今日はそんな時の練習と思ってください。

自分の勝負の時にスイッチ入れる練習だ!と。

 

毎日授業中に

一回一回ビシッと綺麗なお辞儀をしなさい!とか

常に大きな声であいさつしなさい!とは言いません。

 

モチロン習慣化できれば一番良いでしょうが、

自分の「ここでやらなければ!」という場面で

スイッチを入れる練習はしておいたほうがよい!

しておかないと「ここだ!」という時には出ませんよ!!

 

就職活動の1か月前になったらやるよ!間に合うだろう!

誰もが考えますが、

就職の面接をする人はプロです!

 

入室した時、目の前に立った瞬間に、座った姿勢を見て

話す時の目線、表情、話し方、ふとした仕草に

皆さんの生きてきた18年間が出ます。

普段の姿勢、癖、毎日しているお辞儀が挨拶が出ます。

暑苦しく語ります。こぶしを握って、汗を飛ばして!

高校生の目の色が変わりスイッチが入ります!声がドーン!姿勢がビシッ!表情がキリリ!一番カッコイイ自分を知っていただく練習だ!

高校生の顔色が、目の色が変わります。

ニヤニヤ、照れ笑い、照れ隠しの隣の仲良しさんとの会話・私語が無くなります。

 

スイッチが入ったら若い高校生の吸収力の凄いこと!

口を開け、大きな声を出そうとします。

個人指導はできない人数のため

個人差はありますが背筋を伸ばし真剣です。

 

声がドーン!と出ます!

背すじが伸び姿勢はビシッ!

表情がキリッと引き締まります!

 

「殻を破る」というにはまだ大袈裟かもしれませんが

高校生のスイッチが入った時の会場の一体感、盛り上った雰囲気はたまりません。

 

後方で先生方もビックリ!

コワモテ先生も驚き!ニンマリ笑顔!

場所を移動してあちこちから生徒の表情をのぞき込んだり

写真を撮ったり!

全く気にせず集中する生徒の皆さん!

 

こちらも高校生の一生懸命さに負けないようにヒートアップ!

 

全体が熱心に取り組むようになれば

ダラダラしているほうが「格好悪い」になります。

 

普段は「ツッパリ君」や「格好つけ君」そして「先生に反抗してる君」も

周りに圧倒されながら恥ずかしそうに取り組みます。

 

最初に目立った生徒も一生懸命取り組んでいます。

少し声が出て目立った生徒がいたら

「イイネ~!!そこの男子と女子声が出てきた!」

「そうそう!この列の皆さん姿勢が良くなった!」

 

最初から最後まで準備していただいたマイクには手を付けません!

少々ざわついても体育館で2~300名くらいなら地声で

「話し止め~、こちら注目お願いします」で全員注目!!

 

100名の全体練習が終わり、50名の就職希望者が残り面接指導。

基本行動トレーニングでスイッチが入り、心も身体も温まっている

50名のそこからの成長はさらに加速されます。

面接実践編で堂々と自分をアピールするようになりました。

 

指導が終わり、就職指導の先生とお話しさせていただきました。

「2年生で今林先生のこの元気な指導を体験することで、3年生になってからの面接練習の成長スピードが大きく違います」

「後ろで担任の先生皆が自分のクラスの生徒たちがこんな短時間で声を出し、動けるとは!と感動しています!」

「毎回私たち教師も元気をいただいていますよ」

 

ありがとうございます。

もったいないお言葉です。

 

しかし、この姿は私が何か与えたわけではありません。

間違いなく先生方の毎日毎日のご指導の積み重ねです。

素直な生徒の皆さんが持っている力を出しただけです。

 

私は先生方がいつもおっしゃっている事と同じことを

角度を変えてお伝えしただけです。

生徒の誰にも負けない「デカい声」と「勢い」と「暑苦しさ」で!

校長先生も生徒の一生懸命な姿に大喜び!今回も生徒の皆さんに沢山学びと元気と勇気をいただきました!

授業の途中から後方で生徒を見守っていた方がいらっしゃいました。

一生懸命に取り組む生徒の姿を満面の笑顔でニコニコ見つめていらっしました。

 

休憩時間に近づいてこられ、お名刺交換させていただくと

校長先生でした。

今回初めて今林の指導をご覧になり、驚きと大喜びの声をいただきました。

 

今回も2時間ノーマイクで高校生と熱く楽しくモミアガりました!

イキイキとした表情の生徒達の顔がたまりません。

 

 

モチロン今回だけでガラッと変わることは無理かもしれません!

しかし、経験「0(ゼロ)」と「1」は全く違います。

 

「俺、背すじ伸びたらカッコ良くなった気がする」

「私はこんなに声が出るとは思わなかった」

返事でもお辞儀でも挨拶でもスイッチの入れ方でも

何か一つでも気づきの機会になればと全力で取り組みました。

 

高校生は全力で応えてくれました!

 

毎回高校生に

こちらが教えられます。

学ばせていただきます。

元気をいただきます。

 

新入社員研修はいろいろなことを詰め込むより、全身でスイッチの入れ方を学ぶ機会と考えます!

企業における新入社員研修でも私の役割はこの「スイッチを入れる」役割と思っています。

その部分を社長に、教育担当者の皆様に強く強くご期待いただいています。

 

新入社員の皆さんも若いのでスイッチが入れば早い!のですが、

スイッチの入れ方がわからない、ONとOFFのタイミングがわからない!

という状態は当たり前。

どんなに能力が高くても社会に出れば初めて経験することばかりです。

 

スイッチが入っていないまま仕事の進め方をつぎつぎ詰め込む新人研修よりも

全身を使った基本行動トレーニングを繰り返すことで自分の現状に気付き

失敗を重ね、悔しさを乗り越え「やればできるじゃん!」と小さな達成感を

いくつも経験することで挑戦する楽しさを学ぶことが大切です。

自己肯定感をしっかり持って、元気な挨拶、明るい返事、素早い行動を身に着ける。

困っている人に手を差し伸べ、自分から声をかけ仲間と力を合わせる喜びを知る。

 

素直に上司先輩の話を聴く。

わからなければ知ったかぶりをせずに正直に教えを乞う。

指導いただいたらお礼を忘れない。事後報告を行う。

失敗を隠すことなく素直に謝る。

 

そのような経験をする「新入社員研修」には実践的な基本行動トレーニングはピッタリです!

 

高校生の皆様への面接マナー指導の根底にはこの基本行動トレーニングがあります。欠かせません!

 

私が研修の師匠からご指導いただいた新入社員研修から管理職者研修、

そして接遇研修・コミュニケーション研修の中で行う基本行動トレーニング

20年間の指導経験を活かし、これからも中学生、高校生、大学生から社会人まで

お役立ちしたいと考えます!!

 

今年は地域の活性化や公民館の教育事業にもお声掛けいただいております。

さらに年齢層を広げて小さなお子さんからおじいちゃんおばあちゃんまで

全ての年齢層を対象に一緒に楽しく笑って

アツく!暑苦しく!モミアガッてまいります。

 

The following two tabs change content below.
今林竜次

今林竜次

1967年福岡生まれ/蟹座A型/特徴:モミアゲ。2007年、講師として独立。サブフォーを目指すマラソン初心者/登山/サイクリング/シーカヤック/キャンプ/アウトドア人間。中学校のおやじの会会長、PTA会長。2016年福岡市おやじサミット実行委員長。人とワイワイ過ごすのが大好きな地域密着型おやじ。

初めての方はこちらをご覧ください

1

ホームページを更新型にして1年が経ちました。   仕事内容・研修内容・指導方法が全く伝わっていなかった! 1年前に新たにこのホームページを作成しました。 それまでは全く仕事の内容や研修につい ...

-面接指導日記

Copyright© アクトサイズ!今林竜次のパワフル研修で職場を明るく元気に! , 2018 All Rights Reserved.