お客様の声 新入社員研修

研修参加者の声2018年「新入社員研修参加報告書」研修参加者アンケート(その3)

投稿日:

新入社員研修2018参加者の感想(製造業)研修参加者約30名

2018年も多くの新入社員の皆さんと一緒に汗を流しました。

 

宿泊研修1泊2日

初日は9時から研修開始、23時まで。

2日目は6時から朝礼実施、18時研修終了。

 

基本行動トレーニングで大きな返事、元気な挨拶、綺麗なお辞儀、素早い行動を身につけました。

学生と社会人の違い、礼儀の重要性、コミュニケーションの重要性など全員で考察しました。

報告連絡相談、電話応対、名刺交換など仕事の基本を全身で学びました。

集団行動の大切さ、チームワークの大切をグループで、同期全員で全身で学びました。

 

失敗を責めることはありません!

むしろ、挑戦した勇気ある一歩に拍手!!

 

反対に

挑戦した仲間の失敗を笑う人には厳しく指導します。

自分は何もしないで、勇気を振り絞って一歩踏み出した人の挑戦を笑う権利はない!

 

大きな声を出したことがない人が、少し口を開いた!

猫背で姿勢が悪かった人の背筋が伸びた!

キョロキョロして落ち着かない人が数秒間でも目を見ることが出来た!

運動が苦手な人がバラバラの動きでも仲間の前で体操の号令をかけた!

自分勝手で集団行動が苦手な人が困っている仲間に手を差し伸べた!

人が嫌がることに進んで手を挙げた!

誰もが逃げる場面で失敗を恐れず挑戦した!

 

熱血モミアゲ講師は研修生の

小さな成長!(見た目は小さいけど、実際は大きな成長!)

小さな変化!(見た目は小さいけど、実際は大きな変化!)

小さな努力!(見た目は小さいけど、実際は大きな努力!)

を見逃しません!

 

他の人には当たり前の行動でも、その人にとってはドキドキしながら挑戦した一歩!

勇気を振り絞って自分改革に踏み出したその一歩を大絶賛!!大きな拍手!!

得意のオーバーアクション(無駄な動きも多いこと認めております)で称えます!褒めちぎります!

 

間違いなく他の研修団体よりも元気よく、大きな声で、爽やかに、挨拶を行いました。

会場の担当者の方、スタッフの皆様からも賞賛の声をいただきました。

 

「研修生が全くやらされている感がありませんね!楽しそうです!」

 

       嬉しい!

他の研修団体が会場の決まりと思ったのか行動や挨拶を真似していました。

朝食、昼食、夕食時の食堂への出入りの際の元気な挨拶から

「いただきます」「ごちそうさまでした」の号令、準備片付け

移動もダラダラすることなく素早く行動するチームでした。

 

社員を大切にされる社長はじめ経営者の皆様の新入社員への期待

採用者の方、教育担当者の皆さんの新入社員への熱い気持ち

新入社員の皆様の期待と不安の中で取り組まれる社会人のスタート

 

担当させていただく「責任の重さ」と「やりがい」をヒシヒシと感じながら

新入社員の皆様と汗を流し、笑い、学び、感動を共にした2日間。

 

新入社員研修に参加された皆さんが社長に提出された新入社員研修参加報告書

 

 

その中から抜粋して新入社員の皆さんの素直な感想です。

 

「キツイ」「辛い」「楽しい」「嬉しい」

 

「自分の成長」「仲間の成長」「同期の絆」

 

研修をご検討の会社様、研修担当者の皆様の参考になれば幸いです。

今回は製造業を中心とする企業の新入社員研修に参加された皆さんの感想です。

これまでの挨拶には感謝の気持ちがこもっていなかった!グループワークで仲間同志の連携強まる!当たり前のことを当たり前に行い、心を込めた挨拶を行う!

★自分のこれまでの挨拶を振り返ると友人や知人、アルバイト先で人に「ありがとう」と言ったことはたくさんありますが、「作業的なありがとう」になっていたり「気持ちが入っていない軽いありがとう」で相手の目を見て言っていなかった、全然感謝の気持ちがこもっていなかったと反省しました。感謝の気持ちを言葉にする事は恥ずかしい気持ちがありますが、まずは「ありがとう」と言う事から始めてどんどんプラスストロークを加えていき人に投げかける言葉や挨拶を深めていきたいなと思っています。

★新人研修の初めに大きな声で課題発表を行った時に最初は凄く緊張したし声も全然出せなかったけど周りの人の発表を聞いていくうちに恥ずかしさも少し薄れ大きな声で発表することができました。同期の仲間とは昨日初めて会って1日しか経っていませんが、研修の中で挨拶のトレーニングやグループワークで意見交換をすることでどんどん仲が深まり楽しく過ごすことができました。研修で仲間と目を合わせ、笑顔のトレーニングを行い当たり前のことを当たり前に行い「ありがとうございます」「おはようございます」など普段使っている言葉を改めてしっかり丁寧に言うことが大切だということを学びました。  

丁寧なお辞儀・挨拶で感謝・敬意・本気を伝える!ペアになっての指導トレーニングでお辞儀も笑顔も相手に好印象を与えるようになりました!

★大きな声で笑顔で挨拶をすることで、する側もされる側も気持ちが良くなることに気付き何度行っても「嬉しい」と実感をしました。感謝の気持ち、敬意や自分のやる気、本気をアピールするために丁寧にお辞儀・挨拶をしていきます。プラスストロークとマイナスストロークを学んでみてプラスストロークをもらうとすごく嬉しくなりました。その場からすぐに使えることなので実践して相手の方に良い気持ちになってもらえるようにします。またマイナスストロークは家族や親、親しい友人などに使っていましたが、関係に甘え相手を傷つけていたこともあったのではと反省しました。使いすぎていた過度のマイナスストロークを少しでも感じの良いストロークに変えていきます。

★お辞儀の練習を繰り返し行いましたが自分がしっかりできているつもりでも、実際はまだまだなお辞儀をしていたことに気づかされました。休憩の後には毎回ペアになった人とお辞儀の姿勢をチェックしあい、二日間の新入社員研修の中で回数を重ねるごとにどんどんお辞儀の姿勢は改善したと思います。お辞儀ってちゃんとすればこんなに自分自身も気持ちが良いと言うことに気付きました。そして相手にも良い印象に見てもらえるんだとわかりました。

失敗を恐れず挑戦する仲間に感動!その後ろ姿に自分が「勝手に自分の限界を作っていたこと」を反省しチャレンジする姿勢を学ぶ!

★「誰よりも早く挑戦し、結果を出します」と課題発表した人が大きな声を出して失敗を恐れず一番に挑戦している姿を見て素晴らしいと思うと同時に失敗を恐れて一歩を踏み出せない自分が情けなく感じました。社会人になると全てわからないこと、初めて経験することばかりです。毎回「初めてですから」などと言い訳は聞きません。失敗を恐れずチャレンジする心を持って行動に移すことを同期の仲間の姿勢から学びました。

★新入社員研修はとにかく声をしっかり出すところから始まりました。私は今まで人前で大きな声を出すと言う経験がなかったため自分の声に不安や緊張からフィルターがかかってなかなか大きな声を出すことができませんでした。しかし全員で何度も何度も練習を繰り返すにつれ慣れていき「自分で勝手に限界を作らずにもっとやれるぞ」と言う気持ちを持つことができまし。最初と比べると明るく元気な声が出せるようになりました。挨拶はもちろん返事はどんな業務につくとしても人と接する上で常に必要なため常に大きな声ではっきり返事と挨拶を行います。

★今日の新入社員研修でとても大事だなと思ったのは単純ですが声をしっかり出すこととしっかり意思表示を示すことです。課題発表する時も最初は緊張と恥ずかしさから無意識に声が小さくなっていました。お辞儀や接客用語の練習を何度も繰り返すうちに声が出るようになり最後には自分でも驚くくらい大きな声が出ていました。ペアになった人と何回もお辞儀の練習を行うことで身体が覚えています。目を見ることも苦にならないようなりました。目を見るとお互いに自然に笑顔になるのだということに気付きました。 

 

The following two tabs change content below.
今林竜次

今林竜次

1967年福岡生まれ/蟹座A型/特徴:モミアゲ。2007年、講師として独立。サブフォーを目指すマラソン初心者/登山/サイクリング/シーカヤック/キャンプ/アウトドア人間。中学校のおやじの会会長、PTA会長。2016年福岡市おやじサミット実行委員長。人とワイワイ過ごすのが大好きな地域密着型おやじ。

-お客様の声, 新入社員研修

Copyright© アクトサイズ!今林竜次のパワフル研修で職場を明るく元気に! , 2018 All Rights Reserved.