マラソン・サイクリング

北九州マラソンに初挑戦!

投稿日:

2014年記念すべき「第一回福岡マラソン」落選から始まった。

これまで福岡マラソンに3回出走しました。

それまで「10,000円払って42キロもキツイ思いして走るなんて考えられん!」と思っていましたが、

福岡でマラソンが行われる記念すべき第一回!ならば挑戦してみるかな!と申し込んだ2014年。見事落選!

「第一回」だからこそ挑戦したので、もう次はない!マラソンをすることもない!と思っていました。

しかし、友人がSNSにアップしていたボロボロになって走り切ったゴール姿や、50代後半の先輩が完走され「達成感が半端じゃないぞ!一度は経験したほうがいい!」と言う声を聴き、2015年に「もう一回だけエントリーして落選したら本当にマラソンはしない!」とエントリー!

今回は当選!

そこから始まった「マラソン人生」48歳でした。

完走することの大変さにビックリ!

2014年 第一回福岡マラソン落選!

2015年 第二回福岡マラソン当選!4時間32分

2016年 第三回福岡マラソン当選!4時間12分

2017年 第四回福岡マラソン当選!4時間2分

 

2015年は25キロで足が攣り、30キロ以降は走れませんでした。痛さに負け足を引きずりながらのラスト12キロ。

2016年も30キロからペースダウン。最初の飛ばし過ぎが敗因。またしても最後まで走り切ることが出来ませんでした。

2017年は必ずサブフォー(4時間切り)をする!と心に誓い最初から飛ばし過ぎず、ペースを保っていくことを目標にしました。

結果、予想どうり同じペースで進みながら後半は少しペースが落ちましたが一度も止まることなく完走しました!

これまでの反省点を活かして北九州マラソンに挑みます。

2017年は最後まで止まることなく完走したものの2分4秒オーバーでした。

皆さんは「2分あらもう少しやったね~!」と慰めてくれますが、その2分は大きい。

反省しました。

①すべての給食を食べていました。ペースを落として、水も飲みながら。

②熱中症になることを恐れ、水を多めに摂取してしまいトイレに二回。

給食はエネルギーになる前に走り終わるため、無理して食べなくてよい!

1か所20~30秒ロス。それが5~8か所?

トイレ1回、1分~1分30秒。

この二つだけで5分は違ったかもしれません。

無駄を省いていればサブフォーを達成していた!!かも知れません。

フルマラソン4回目の挑戦でサブフォー目指します!!

ベテランランナーの方の話では、上り下りがある福岡に比べると平坦な北九州のコースは走りやすい!と聞きました。

しかし、海沿いを走るため風が強く「寒い!」と!

私は寒さが苦手です。トイレが近くなります。

水分補給は減るのか?寒さに凍えながらのレースなのか?

初めてのコースはワクワクドキドキが止まりません!

送られてきた会場案内では「北九州マラソンは日本一マナーのいい大会を目指します!」と大きく掲げてありました。

先輩ランナーの話では走りやすいコースと共に「北九州マラソンは声援がたくさんあり、ランナー思いの大会」と聞きました。

楽しみです。

残り26日となりましたが、時間を作って走り込みます。

50歳でサブフォー達成したい!

いつまでもチャレンジを楽しめる男でいたいと本気で思います!

 

The following two tabs change content below.
今林竜次

今林竜次

1967年福岡生まれ/蟹座A型/特徴:モミアゲ。2007年、講師として独立。サブフォーを目指すマラソン初心者/登山/サイクリング/シーカヤック/キャンプ/アウトドア人間。中学校のおやじの会会長、PTA会長。2016年福岡市おやじサミット実行委員長。人とワイワイ過ごすのが大好きな地域密着型おやじ。

-マラソン・サイクリング

Copyright© アクトサイズ!今林竜次のパワフル研修で職場を明るく元気に! , 2018 All Rights Reserved.