神社仏閣・御朱印帳

四国篠栗八十八か所巡り御朱印帳の最後に和歌山県の高野山を訪れました。

更新日:

昨年、福岡に生まれ住んでいながら初めて四国篠栗八十八ヵ所巡りを行いました。

これまで「お遍路」という言葉や「四国八十八ヶ所の巡礼」は知っていましたが、福岡県にもお遍路ができる場所があることを知りませんでした。2年前に富士山に初めて登ったことをきっかけに登山をはじめるようになり、登山好きの友人が転職をきっかけに高野山に登り身を清めてくるという話を聴きました。その彼の高野山体験談を聴いていくうちに福岡県篠栗町にも八十八か所お遍路巡りできる場所があることを知りました。

ある先輩が登山を一緒に楽しむ仲間でやってみないかと提案があり、一同快諾。

「今年は篠栗四国八十八ヵ所霊場めぐり」をしようとなったのが昨年の夏。

それから6月、8月、11月、12月と四日間に渡り八十八か所を巡りました。  

 

篠栗四国八十八ヵ所霊場とは

【 ★参考資料:福岡県観光情報クロスロードふくおか(http://www.crossroadfukuoka.jp/osusume/2008spring/index.html)より 】

篠栗四国八十八ヶ所は福岡県糟屋郡篠栗町にある88か所の霊場の総称で、篠栗四国は、小豆島四国、知多四国と並び日本三大四国として有名な霊場だそうです。

弘法大師空海が九世紀に唐の国より帰ってきた際に修法した土地で、尼僧慈忍が八十八カ所の霊場の創設を発願し、信仰の厚い藤木藤助がその志を受け継ぎ、札所が整えられたのが起源とされています。四国と同じく八十八ヶ所すべてをめぐると願いがかなうといわれ、全行程50kmを白装束に身を包んだお遍路さんがご参拝されます。

 

 

 

四日間で八十八ヵ所を巡り御朱印をいただきました。

御朱印帳は「篠栗四国八十八か所霊場巡り」専用です。

全八十八か所を巡り、ご住職がいらっしゃり手書きで書いていただける場合と、無人のお寺に関してはスタンプを自分たちで押しました。

 

最後の御朱印をいただきに高野山へ行きました。

篠栗四国霊場巡りをした仲間の中で御朱印を集めたのは三名。
その三名で最後の一か所、高野山に行き、御朱印をいただくことにしました。

新幹線で大阪に行き、和歌山県に移動。
先週の台風の影響で途中、JRが通ることができず高野山までの区間が閉鎖されていました。

バスでの移動となりましたが、思いのほかスムーズに移動できました。

高野山では多くの戦国武将のお墓があることに驚きました。

御朱印をいただく時には、筆の勢いと素晴らしい字に背すじがビシッと伸びました!

これで御朱印がすべて揃いました。

私のお世話になっているお寺は別の宗教となります。熱心な先輩方は他の宗教のお寺や神社、パワースポットを訪ねることをよく思わない方も多いようですが私はまだまだ多くのことを学びたいと考えます。

自分が興味を持ったことに対しては人様にご迷惑をおかけしない限り足を踏み入れ、自分の目で見て、耳で聴いて、全身で体験してみたいと考えます。

まだまだ知らないことばかりです。多くのことを学び精進していきます。

 

The following two tabs change content below.
今林竜次

今林竜次

1967年福岡生まれ/蟹座A型/特徴:モミアゲ。2007年、講師として独立。サブフォーを目指すマラソン初心者/登山/サイクリング/シーカヤック/キャンプ/アウトドア人間。中学校のおやじの会会長、PTA会長。2016年福岡市おやじサミット実行委員長。人とワイワイ過ごすのが大好きな地域密着型おやじ。

-神社仏閣・御朱印帳

Copyright© アクトサイズ!今林竜次のパワフル研修で職場を明るく元気に! , 2018 All Rights Reserved.