地域活動・ボランティア

北部九州豪雨による被災地、福岡県朝倉市朝倉市ボランティアセンターに行きました。

更新日:

 7⽉5⽇(⽔)福岡県・⼤分県において記録的な⼤発⽣し、大きな被害を北部九州豪雨

昨年から毎月一回校区の防災士の方を中心とした熊本県のボランティアに参加させていただいています。

主にお手伝いさせていただいているのは、おやじの会としても応援している熊本県西原村ですが、TVでは報じられていない被害の大きな地域です。

昨年4月の震災後から少しずつ復旧は進んでいますが、訪問するたびに通る道で震災時と変わることなくブルーシートがかかったままの家屋を見るたびに胸が苦しくなります。

西原村のボランティアは被災後すぐの昨年5月から夏以降までは家屋の清掃や荷物の移動が主でしたが、昨年末くらいから農業ボランティアが主なお手伝いとなってきました。

毎月のボランティアで汗をかいた後に、西原村で採れたての野菜をお土産に買って帰ることがパターン化してきていました。

そんな矢先、7月5日の豪雨となり、西原村の継続はもちろんですが、近い距離にある朝倉市、東峰村近郊、大分県日田市には駆けつけねば!と思っていました。

連日TVで流れる被災地の映像にも驚きましたが、生で見る現実に愕然としました。

急遽一日時間ができたため、朝一番に朝倉ボランティアセンターにダッシュしました!

連日TVで流れる被災地の映像にも驚きましたが、生で見る現実に愕然としました。

土に埋もれた車、泥に押しつぶされた家屋、泥と流木に覆われた畑、水田、大きく削られた川、

その影響で地盤が崩れ崩壊した校舎、地面が削られ残った橋…。

ため息しか出ませんでした。

本日、お手伝いさせていただいたお宅は国道沿いの大きな農家。

玄関まで泥が押し寄せ、庭の泥除けと庭の速攻を埋め尽くした泥の海を取り除くことがミッション。

3つのグループに分かれ、玄関先のグループ、畑の泥さらいグループ、そして側溝の泥さらいグループ。

私は側溝の泥さらいグループのリーダーとなりました。

30メートルほどの側溝が泥で埋もれさらに20cmほど高く堆積していました。

学生時代に鍛え上げたスコップ捌きを今こそ活かせる!!と意気込んだが…。

スコップ捌きには相当の自信があります。

学生時代、毎日のように土木作業や港湾作業でスコップを手足の様に使いこなしていたのです。

角スコ(角スコップ)で掬った土をスコップに乗った形のまま遠くに投げることを日々訓練していました。

「今日は鍛え上げたスコップ捌きが役立つときが来た!」と鼻息荒く泥に挑みました!

しかし、水分を含んだビチャビチャの泥は重い!

なかなか持ち上がらない。

投げてもスコップから泥が離れない!

そんな中、一日中、側溝に堆積した泥さらい。

今はそれしかない!人手が足りない!

家の下、庭、側溝の泥さらい体力いります。じいちゃんばあちゃん、女性にはキツイ!

朝倉市のシンボルでもある三連水車には流木が絡まり、ゴミだらけ…苦しそうでした。

朝倉インター往復中、唖然とする景色だらけ。同じ福岡とは思えない。

帰りに朝倉市に来るたびに寄っていた「三連水車」を見に行きました。

TVや新聞報道で見てはいましたが可愛そうなくらいに疲れていました。

流木が絡み、ゴミが浮かび、川には汚れた水と堆積した泥、泥、泥。

三連水車の後方に見える畑には泥と信じられないくらいの流木の山ができていました。

これからボランティアに来るたびにここに足を運びたいと思います。

今回の九州北部豪雨災害で行方不明になっている方々の筑後川での捜索もまだ行われています。

休日はボランティアの方は多く訪れますが、平日は少ない。

しばらくは家屋内の泥さらい、土砂出ししかないと思います。

道路沿いの被災されたお家は人が入ることができないくらいの状態も多く目にしました。

出来る事は限られますが、体力だけはあります!

 

 

The following two tabs change content below.
今林竜次

今林竜次

1967年福岡生まれ/蟹座A型/特徴:モミアゲ。2007年、講師として独立。サブフォーを目指すマラソン初心者/登山/サイクリング/シーカヤック/キャンプ/アウトドア人間。中学校のおやじの会会長、PTA会長。2016年福岡市おやじサミット実行委員長。人とワイワイ過ごすのが大好きな地域密着型おやじ。

初めての方はこちらをご覧ください

1

ホームページを更新型にして1年が経ちました。   仕事内容・研修内容・指導方法が全く伝わっていなかった! 1年前に新たにこのホームページを作成しました。 それまでは全く仕事の内容や研修につい ...

-地域活動・ボランティア

Copyright© アクトサイズ!今林竜次のパワフル研修で職場を明るく元気に! , 2018 All Rights Reserved.