コミュニケーション研修

北海道にて交流分析を使ったコミュニケーション研修

更新日:

北海道にて社員研修を担当させていただきました。

札幌市内で中堅社員から管理職者まで20名を対象としたコミュニケーション研修。

 

職場での会話、電話応対、伝言、先輩、上司の指示命令の仕方、
指示の受け方、上手な報告・連絡・相談の仕方など

「社内でのコミュニケーションを良くしたい」

「交流分析を通じて会話の大切さを学びたい、伝えてほしい」

とお声掛けいただきました。

 

アクトサイズの基本行動訓練をベースに交流分析の講義で振り返り実践重視のトレーニングを行いました。

最初は硬かった研修生も
「本日は全員が同じことを学びます。上司、部下、先輩、後輩関係なしに同じ目線で学びます」
という講師の挨拶の後にレクリエーションを使ったアイスブレイクでノリノリに!!

 

更に基本行動トレーニングで挨拶やコミュニケーションにおける自分の長所短所をしっかりと見つめたうえで
「交流分析」で「今の自分」を素直に見つめることができました。

後輩、部下は先輩、上司の意外な面を見ることができ親近感を覚えたようです。
また、自分自身の身勝手な報告や連絡の仕方を反省していました。
基本訓練を交えたことで「今日行った実践トレーニングがそのまま会社にかえって使うことができる」と
何度も失敗して身に着けた練習を笑って振り返っていました。

 

上司、先輩もこれまでの自分の指示命令の仕方に改善点が多くあることに気付いたようです。
また、部下、後輩の話を聴く態度を実際に行ってみた時に「意識していなかったこと、癖、態度」を
講師に指摘され驚いていました。
素直に受け入れる上司先輩の姿を見た後輩たちも嬉しそうにトレーニングに協力しました。

 

社内にあった見えない大きな壁が壊れたと社長も驚き喜んでいただきました。

 

【 交流分析講義内容 】

◆自我状態

親・成人・子どもの3つの自我状態の特性と要素

エゴグラム作成

 

◆ストローク

プラスストロークとマイナスストローク

プラスストロークを使った指導法

 

◆対話分析

上司と部下にありがちな会話

上手な対話法~自分の癖を知る

それぞれの自我状態を知る

 

◆人生態度

基本的な構えと交流様式の関係

4つの交流様式の特徴

 

 

研修終了後、広尾に移動して小学校からの親友の家を訪問。

2012年には娘を連れてこの友人の家を起点に北海道20日間旅をしたことを思い出しました。

北海道で逞しく生きる友人の話は刺激的です。

真っ白な雪景色を堪能してきました。

来年もまた来ることを約束し、福岡に戻りました。

 

 

 

The following two tabs change content below.
今林竜次

今林竜次

1967年福岡生まれ/蟹座A型/特徴:モミアゲ。2007年、講師として独立。サブフォーを目指すマラソン初心者/登山/サイクリング/シーカヤック/キャンプ/アウトドア人間。中学校のおやじの会会長、PTA会長。2016年福岡市おやじサミット実行委員長。人とワイワイ過ごすのが大好きな地域密着型おやじ。

-コミュニケーション研修

Copyright© アクトサイズ!今林竜次のパワフル研修で職場を明るく元気に! , 2018 All Rights Reserved.