接遇マナー指導 面接指導日記

3年生150名と柔道場でマナー指導~立ち振る舞いの基礎講座~う

更新日:

昨年に続きマナー指導2年目のY高等学校は4クラス150名参加

柔道場にびっしりと集まった3年生。

進路指導の先生からのご要望は

「毎年、秋の就職面接本番前になって焦る生徒が多いため、春の早い段階から面接マナーの基本を身に着けさせたい」

「指導時期が早いと当事者意識が無かったり、時間が空いて忘れたりするので基本の大切さを印象つけてほしい。」

基本行動の徹底指導がテーマでした。

最初は全体的にふわっとした雰囲気でした。

進路指導の先生がおっしゃる通り当事者意識が無い状態。「自分にはまだ早い。その時が来たらやる。」というような。

3,4月の新入社員研修でご一緒させていただいた面接担当者や採用者のお話し

経営者が、企業がほしい人材、皆さんに求められるもの

百戦錬磨の面接官は本番前の表面だけの面接準備など簡単に見透かすこと

普段の姿勢や生活態度が面接時に出てしまうこと…話していくうちに

表情が変わります。目の色が変わります。

基本行動トレーニングで素早い行動

返事、基本姿勢、挨拶を次々にトレーニングしていきます。

周囲を気にして誰もが腰が引ける中、一人大声を出した生徒を思いっきり評価します!

一生懸命取り組み大きな声で裏返っても、一歩踏み出した勇気ある行動、積極的な取り組み姿勢を賞賛します!

反対に大きな声で一人目立った生徒をニヤニヤ笑う生徒、集団で笑う生徒たちに大きな声で注意します!

「自分から行動もできないくせに積極的に行動した人を笑うような情けない人間にならないでください」

「格好悪くても失敗を恐れずに積極的に取り組む人、素直に聞き入れ行動する人が求められます」

「企業は、面接官はそんなところを見ています。一生懸命な彼はどんな会社もほしいと思いますよ!」

「反対に行動できない、人の失敗は笑う、注意されたら下を向く、そんな人を企業が採用しようと思うでしょうか!」

力が入ります。大切なポイントと考えています。頭でっかちな綺麗な決まり事を話しても眠くなるだけです。

自分に当てはまると思った生徒はばつの悪そうな顔をしながらも少しずつ行動し始めます。

積極的に行動した彼は元大きな声で頑張ります。彼に影響を受けた仲間が声を出し始めます。

最初はニヤニヤヘラヘラしていた「一生懸命取り組むことがかっこ悪い」と勘違いしている生徒達も

表情が変わります。照れながらでも少しずつ体を動かすようになってきます。

皆さんに一つでも多くのことを持ち帰っていただきたいこと、

頭の中に入れるのではなく、身体で覚えておけば将来必ず役に立つこと

与えられた短い時間の中で全身を使って、汗ビッショリになって伝えます。

150人の生徒の中でどれくらいの方に役に立てたのか、ためになったのか

実施後に集計されるアンケートをまとめたデータを楽しみに待ちます。

毎年、お茶をお土産にいただきます。

今回も新茶をいただきました。

 

The following two tabs change content below.
今林竜次

今林竜次

1967年福岡生まれ/蟹座A型/特徴:モミアゲ。2007年、講師として独立。サブフォーを目指すマラソン初心者/登山/サイクリング/シーカヤック/キャンプ/アウトドア人間。中学校のおやじの会会長、PTA会長。2016年福岡市おやじサミット実行委員長。人とワイワイ過ごすのが大好きな地域密着型おやじ。

-接遇マナー指導, 面接指導日記

Copyright© アクトサイズ!今林竜次のパワフル研修で職場を明るく元気に! , 2018 All Rights Reserved.